review

「花咲舞」っぽい決めゼリフに「半沢直樹」パロディ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」にモノ申す!2話

       
漫画内のセリフは、あくまで文字として読むものであって、耳で聞くドラマのセリフとは別物。

真木よう子をはじめ、各役者陣の演技がやたらとぎこちなく感じるのは、漫画そのまんまのセリフを読ませているからというのもあるだろう。
「花咲舞」っぽい決めゼリフに「半沢直樹」パロディ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」にモノ申す!2話
イラストと文/北村ヂン

山奥→鬼怒川温泉という変更でつじつまが合わない!


漫画のフキダシを書き写したかのようなセリフを使ってしまうほど原作に忠実なドラマ化しているにもかかわらず、ストーリーの方では肝心な部分を改変してしまっているというのもワケが分からない。

原作において稲村興産が実現を目指しているのは、「人里離れた山奥に大正〜昭和初期の浅草を再現するテーマパーク」だったのだが、ドラマ版では温泉のテーマパーク「鬼怒川温泉ランド」と変更されている。

「山奥に浅草を再現する」というのは、さすがに壮大過ぎてバブル感強すぎるという判断なのか、もしくは「鬼怒川に疎開」という、ちょっといい昔話エピソードを入れたかったのかも知れないが、「山奥に浅草」から「鬼怒川温泉を復活させる」に変更してしまったため、その後のストーリー展開につじつまの合わない部分ができてしまっているのだ。

バブルの残り香漂う20年前ですら「実現不可能だ」と言われていたテーマパークを開業するため、債務超過に陥っている稲村興産(原作では渡辺興産)から、東西鉄道という鉄道会社が事業を引き継ぐことになる。

しかし、東西鉄道がテーマパーク事業を引き受ける決め手となったのは「アクセスの悪い山奥まで鉄道を敷いて新たな顧客需要を生み出す」「東西鉄道発祥の地が浅草だった」というポイント。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「花咲舞」っぽい決めゼリフに「半沢直樹」パロディ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」にモノ申す!2話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    丸山さんはNEWSではなく、関ジャニ∞ですよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    ひっでえミス

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。