review

「ルパン三世」原作徹底ガイド、読まないのは人生の損だ。モンキー・パンチ先生、私はずっと待っていました

モンキー・パンチこと加藤一彦先生が去る4月11日に肺炎のため亡くなっていたことが報道された。享年81。まだまだご活躍していただきたかったし、長年のファンとしては残念でならない。今はただ先生が安らかにお休みになられることを祈るばかりである。

代名詞ともいえる作品『ルパン三世』については今さら説明の必要もないだろう。4月19日の金曜ロードショーでは予定を変更して映画第一作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を放送するそうである。ルパン映画の中でも「青ルパン」色が強く、他とは一線を画する内容だ。アダルトな部分も多々あり、有名な「ルパン・ジャンプ」もここから生まれた。どの程度カットされずに放送されるか今の段階では知らないのだが、楽しみに放送を待ちたい。

と前置きしたところで、今回書きたいのはアニメではなく、原作版の『ルパン三世』のことなのである。旧・新シリーズを合わせると35巻に及ぶ長大な作品だが、ほとんどが一話完結の内容なのでどこから読むこともできる。アニメ化されたときにかなりキャラクター寄りの話になったが、原作版ではそれよりも奇抜なトリックや読者に先を読ませないプロットのほうが重視された。他に類例がないほどのアイデア量が詰め込まれた、一大娯楽作品なのである。これを読まないのは人生の損だと私は思う。
金曜ロードショーをご覧になった方がコミックを選ぶお手伝いとして、今回は全35巻から私の選ぶベスト10をご紹介したい。全部で10本と思ったのだが、さすがに無理だ。『ルパン三世』と『ルパン三世 新冒険』を合わせた旧シリーズと、『新ルパン三世』で分けて、それぞれ10作を選んでみた。

この記事の画像

「「ルパン三世」原作徹底ガイド、読まないのは人生の損だ。モンキー・パンチ先生、私はずっと待っていました」の画像1 「「ルパン三世」原作徹底ガイド、読まないのは人生の損だ。モンキー・パンチ先生、私はずっと待っていました」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「金曜ロードSHOW」に関する記事

「金曜ロードSHOW」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク