葬儀に価値を感じない人が価値を感じるお別れとは何か?僕たちはサボらずに考えなければいけない

葬儀に価値を感じない人が価値を感じるお別れとは何か?僕たちはサボらずに考えなければいけない

(インタビュー:静岡大学教授・竹之内裕文)

静岡大学農学部で、哲学・倫理学や死生学の分野で教鞭を執っておられる竹之内裕文教授。死生学と対話についての研究を行なっているほかに、2015年からは「死生学カフェ」という、対話の場を提供する活動を行なっています。死生学カフェとはどのようなものか、その活動内容や現代日本人が生死について話す意義などについてお聞きしました。


生死について話し合うと、支え合う関係が変わる


竹之内先生は現在、大学のある静岡県や全国からの招きに応じて、死生学カフェを行っていらっしゃいます。先生が死生学カフェを始められた経緯をお聞かせください。

僕がまだ若い頃から長年お付き合いがあった、20歳ほど年長の岡部先生という医師が2012年に亡くなられたんです。その岡部先生と、生前、「患者や遺族がふらっと飲みにきて、話したいことを話せる場所があるといいよね」と話したことがあったんですね。

患者さんが飲みにいくと「病人なのに酒なんて飲んで」と不謹慎な態度に見られがちですが、患者さんだって、構えずに行けて話したいことを話せる場がほしいんです。スウェーデンでの生活(2011-12年)を通して、僕自身も対話の魅力に気づいて、帰国後、1年間の準備(勉強会)を経て、2013年6月から哲学カフェを始めました。そのうちに岡部先生と話していた生き死にについて話す場もほしいという思いが高まり、2015年1月からは、死生学カフェも始めました。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年9月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら