河合案里参院議員は説明責任果たすべき 福山氏

       

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は24日の記者会見で、さきの参院選挙に関し、自民党の河合案里参院議員の秘書2人が公職選挙法違反(買収)容疑で起訴されたうえ、連座制をにらんだ「百日裁判」の申し立てに至ったことについて「本人から説明があってしかるべき」と河合議員の対応を批判した。


 また自民党に対しても「こうした事態が生じていることについて自民党に強く猛省を促したい」と述べるとともに「政治倫理審査会を開き説明責任を果たすよう自民党にもしっかりやってもらいたい」と要請した。


 一方、立憲からの離党をすると届け出ていた山尾志桜里議員について、福山幹事長は「党常任幹事会で離党を認めた。そのうえで、党として政務調査会長代理、憲法調査会事務局長の職から外れること、会派として法務委員会理事から外れること、憲法審査会の委員は引き続き務めることになった」と述べ、離党のうえで、会派には残ることになったとした。


 会派に残るうえでは「会派で意思決定した法案の賛否等については意向に従っていただく。部会等に参加いただけるわけですから、参加をしていただいた上で、意思決定には従っていただけるという前提だと理解している」と語った。


 福山幹事長は山尾氏について「わが党にとっても必要不可欠な方だと今も思っていますし、議会にとっても非常に重要な役割をこれまでもこれからもしていただける方だと思っていたので、党を離れる決意をされた事については非常に残念」と述べた。


そのうえで「政党の運営は全員が100点満点という政党運営はなかなか難しいと思うが、なるべく風通しの良いように努力をしている。ただその事について至らなかったことは幹事長の立場で受け止めなければいけない」と語った。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。