『プロジェクト レジスタンス』川田将央氏Pインタビュー…リリース時には『バイオ』ファンが喜ぶ「オンラインモードだけではない」製品に【TGS2019】

『プロジェクト レジスタンス』川田将央氏Pインタビュー…リリース時には『バイオ』ファンが喜ぶ「オンラインモードだけではない」製品に【TGS2019】
『プロジェクト レジスタンス』川田将央氏Pインタビュー…リリース時には『バイオ』ファンが喜ぶ「オンラインモードだけではない」製品に【TGS2019】
「東京ゲームショウ2019」で大きな注目を集めていた、『バイオハザード』の世界が舞台となる非対称オンライン対戦タイトル『プロジェクト レジスタンス』。4人で協力する「サバイバー」とそれを阻止する「マスターマインド」に別れて対戦するという、従来の『バイオ』シリーズとは全く異なるゲームシステムが話題となっています。

近年の『バイオハザード』シリーズをはじめ、本作のプロデューサーも務める川田将央氏にインタビューを実施し、ユニークなゲームシステムの魅力や今後行われるクローズドβテストについて、そして「オンラインモード」以外のモードについて訊いてきました。

◆試行錯誤して生まれた新たな非対称オンライン対戦

――改めて、本作がどのようなゲームなのかお聞かせください。

川田将央氏(以下、川田):TGSのステージでも説明させていただきましたが、『プロジェクト レジスタンス』のオンラインモードは、これまでの『バイオハザード』とは違って、「マスターマインド」と「サバイバー」で対戦を行う、オンラインマルチプレイタイトルになっています。特徴としては、「マスターマインド」側は、ゾンビなどのクリーチャーやトラップを配置して、「サバイバー」を追い詰めていくという、どちらかというと『バイオハザード』を作る側の立場に立てるというのが一番のユニークポイントになっています。対して「サバイバー」側は、4人協力プレイで、各キャラクターの特性をうまく使いながらゲームを進め、最終的にはマスターマインドが仕掛けた施設から脱出を行うというのが目的になっています。立場の違う両者の対決というのが、最大のポイントとなっています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. バイオハザード 映画
インサイドの記事をもっと見る 2019年9月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「バイオハザード + 映画」のおすすめ記事

「バイオハザード + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「モンスターハンター」のニュース

次に読みたい関連記事「モンスターハンター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュース

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら