住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、ブームになった映画の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「『セーラー服と機関銃』(’81年)が公開されたころは、まだ中1。でも、薬師丸ひろ子さんを見て、“映画女優さんって素敵だな”と、ほのかな憧れを子どもながらに抱きました」

こう振り返るのは、武田久美子さん(53)。’82年に映画デビューするまで、芸能界で生きていくことなど夢物語だったという。

「3歳ぐらいだったと思うのですが、物心ついて、すぐファンになった芸能人は麻丘めぐみさん。“なんてかわいらしいんだろう”って。髪形をマネしてみたり、幼稚園カバンにも“久美子”じゃなくて“めぐみ”って書いてくれって頼んでみたり。

母は『もらいものみたいで嫌だわ』と、こぼしていましたが……(笑)」

小中学生時代に夢中になったテレビ番組は『8時だョ!全員集合』(’69~’85年・TBS系)。

「土曜夜8時の『全員集合』を見ないと、次の月曜の学校での話題についていけなくて。そのあと10時からの『テレビ三面記事 ウィークエンダー』(’75~’84年・日本テレビ系)の、ちょっとエッチな『再現フィルム』にも興味があったのですが、さすがに親は『子どもには早すぎる』と。さらに『もう打ち切りになった』と聞かされていたのですが、ある日、偶然、まだ放送しているのを見て、だまされていたことに気づきました(笑)」

そんなふうに好奇心旺盛で、目立ちたがり屋の性分もあり、幼いころからモデルの仕事をしていたという武田さん。

「4歳下の弟が生後数カ月のとき、ワクチンの接種会場で、赤ちゃん専門のモデル事務所にスカウトされたんです。その撮影現場についていくうちに、私にもモデルの仕事が入るようになって。

7~8歳ぐらいから、けっこう忙しくなりましたね。ほぼ毎日、授業が終わると、校門のところで母と待ち合わせて、ランドセルと名札を預け、代わりに交通費の1,000円をもらって、子ども服のカタログや、おもちゃのCMの撮影に出かけていました。でも、モデルの世界と芸能界は、また別ものだということもわかっていて、“芸能人になれたらいいな”なんて憧れはあったけど、そんなに簡単にはいかないだろうと思っていました」

■人生を変えた1本の電話

その憧れが、より現実味を帯びたのは中1のとき。近所に東大生が住んでいたことから、学園祭である駒場祭のイベント「第2回東大生が選ぶアイドルコンテスト’81」に出場。1,000人を超える参加者のなかから優勝に輝いたのだ。

ちょうどその時期、出会った映画が『セーラー服と機関銃』だ。

「電車に乗っていると、『薬師丸ひろ子さんですか?』と間違えられることが増えて。それも『似てますね』とか『よく間違えられませんか?』とかいうレベルじゃなく、『すみません。握手してください』って、完全にご本人だと思われていたんです(笑)。それで“いったいどんな女優さんなんだろう?”って興味が湧き、映画を見に行きました。薬師丸さんが機関銃を撃ちまくって『カイ……カン』とつぶやくシーンには、くぎ付けになりましたね。“カッコいいなあ。

私も大きなスクリーンで、こんなふうに演じてみたいなあ”って」

夢が具体的になったとき、大きなチャンスが訪れた。

「日本中の女のコたちが顔を合わせれば『マッチ、トシちゃん、ヨッちゃんの誰が好き?』って聞くような時代。その“たのきんトリオ”が出演する映画『ハイティーン・ブギ』(’82年)で、ヒロインを演じることになったんです」

そもそもオーディションを受けてから2カ月も連絡がなかったものだから、合格するとは思っていなかったという。

「普通に学校に通っていたら、所属事務所のスタッフがある日、学校に電話してきたんです。職員室で電話に出てみると、『決まったぞ! これから記者会見があるから、1時間以内に迎えに行く』と」

わけがわからぬまま東宝の撮影所に着くと、すでにスタイリストもヘアメークもスタンバイしていた。記者会見場ではカメラのフラッシュがやまず、何十台ものテレビカメラが武田さんに向けられた。

「あの1本の電話から、私の人生はガラリと変わりました。学校にはほとんど行けなくなったし、何十年もの間、電車に乗らないような生活が始まったのです」

■マッチとのキスシーンで、ファンからの非難が殺到

とにかく、出演者全員が多忙だったという。

「たのきんの3人は映画の撮影と並行して歌番組やバラエティ番組にも出演。マッチはさらに、車の免許を取るために教習所通いまでしていました」

オーディションに落ちたと思っていた武田さんは、肩ぐらいまでに髪を切ってしまっていた。

「それで付け毛でポニーテールにしていたので、マッチから『カツラの久美子』って呼ばれていました(笑)」

人気絶頂のマッチの相手役、しかもキスシーンまであることで、マッチのファンから非難の手紙やカミソリ入りの封筒が殺到した。

「それも“段ボール何箱分”とかではなく“トラック何台分”の量。

移動用の車が落書きだらけになっていたこともありました。でも、日本中の女のコが嫉妬するような体験をしているわけだし、しょうがないって、わりと冷静に受け入れていましたね」

こうしてできあがった作品を、あの日『セーラー服と機関銃』を見たような大きなスクリーンで見たときには、特別な思いが胸に広がった。

「自分の顔がバーンってスクリーンいっぱいに映ったとき、鳥肌が立つくらい感動して。この仕事をずっとやっていきたいなって、決意できたんです」

薬師丸ひろ子に間違えられた経験も、生かされているという。

「芸能界に“薬師丸ひろ子”は2人いらない。似ていると言われたからこそ、髪をくるくるパーマにしてみたり、私だけの個性を出そうと試行錯誤しました」

その努力が、いまの“武田久美子”をつくったのだ。

【PROFILE】

武田久美子

’68年、東京都育ち。’82年、映画『ハイティーン・ブギ』のヒロイン役でデビュー。数々の写真集を発売し、グラビアクイーンとして活躍する。現在はアメリカのサンディエゴに在住