“全身が顔”萬田久子さんが教える「ナチュラルメークのすすめ」

“全身が顔”萬田久子さんが教える「ナチュラルメークのすすめ」
拡大する(全1枚)

“全身が顔”萬田久子さんが教える「ナチュラルメークのすすめ」...の画像はこちら >>



「20代のころは、お化粧するのは顔だけと思っていました。30代になるとスキンケアの意識がさらに変わり、デコルテもケアをするようになり、50代の今は、“全身が顔”と思うようになりました」



59歳を迎えた今もなお、自然体で輝く萬田久子さん。メークとスキンケアの軌跡を本誌に教えてくれた。幼少期から、化粧品に興味があったという萬田さん。19歳でミス・ユニバース日本代表に選ばれ、初めてプロのメークを経験した。



「『自分の顔じゃない』と思うほど美しく仕上がってうれしかったですが、自分ではそのメークを再現することはできませんでした。世界大会で見た海外の美女に影響されて、私も彫りを深く見せようと、シャドーをどんどん濃くするようになっていったんです」(萬田さん・以下同)



当時は濃いメークもはやってはいたが、女性マネージャーから女優デビューする際に「ケバケバしいメークはあなたのよさを消してしまう」と諭された。素顔でオーディションに行くと次々に仕事が決まったという。



「化粧品の情報がたくさん入ってきて……。少しでも『いい』と言われると、なんでも試しましたね。高級ブランドの化粧品も使っていました」



ただ仕事が忙しくなるにつれ、肌の不調を感じるようになった。



「当時はオンとオフの使い分けが上手にできなかったの。睡眠不足が続いていて、ドーランを塗ると、強い照明の刺激で、肌がヒリヒリするようになったんです。でもそのときは、化粧品をさらに塗って、なんとかごまかそうとしていました」


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スキンケア」に関する記事

「スキンケア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スキンケア」の記事

次に読みたい「スキンケア」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月21日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。