TREKKIE TRAXが語るBMTH「クラブ・ミュージックの文脈で見ても前衛的なことをしている」

TREKKIE TRAXが語るBMTH「クラブ・ミュージックの文脈で見ても前衛的なことをしている」
ブリング・ミー・ザ・ホライズン『amo|アモ』のリリースに際し、様々なアーティストにインタビューを実施してきた当企画。最後に登場してもらったのは、日本のダンスミュージックレーベル/クリエイター集団「TREKKIE TRAX」からfutatsukiとMasayoshi Iimori。『amo|アモ』を、ダンス・ミュージックからの目線で語ってもらった。

ーfutatsukiさんはメタルコアやラウドロックがもともと好きだったとか。

futatsuki:父親がジャズとオーケストラとフュージョンが好きでレコードコレクターなんですよ。家ではそういうレコードを聴かされながら、週に一度レンタルCDショップに行って「好きなの借りていいよ」と言われ、洋楽コーナーのCDを借りるようになって。そこでスリップノットやマリリン・マンソンを知って、ラウドロックやメタルコアや北欧メタルを聴くようになって、一番好きだったバンドはチルドレン・オブ・ボドムでした。2010年前後のスクリーモ全盛期まではそういった音楽をよく聴いていましたけど、当時クラブ・ミュージックは聴いてなくて。せいぜいケミカル・ブラザーズやザ・プロディジーぐらいまで。僕は前職がアニメーターなんですけど、アニソンがかかるクラブがあるって知り合いに連れて行かれたのが、秋葉原のMOGRAだったんです。そしたらアニソンを聴きに行ったのに、スクリレックスの「Scary Monsters And Nice Sprites」とかDoctor Pの「Tetris」みたいなダブステップが爆音で流れていて……これまで自分が聞いていたハードな音楽との親和性も感じたので、その後クラブ・ミュージックにハマっていきました。今はR&B、ヒップホップを中心になんでも聴くようになりました。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年3月8日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。