N.W.Aの警察への暴力を歌った名曲、ストリーミング再生回数が急増

N.W.Aの警察への暴力を歌った名曲、ストリーミング再生回数が急増
ジョージ・フロイドさん暴行死を機に、N.W.Aの「Fu-k Tha Police」、チャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America」、YGの「FDT」、ケンドリック・ラマーの「Alright」などのストリーミング再生回数が急増した。

警察暴力への反対を歌ったN.W.Aの1988年の名曲「Fu-k Tha Police」は、チャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America」、YGの「FDT(Fu-k Donald Trump)」、ケンドリック・ラマーの「Alright」をはじめ、数多くあるプロテスト・ソングのひとつだ。ジョージ・フロイドさんが米ミネソタ州ミネアポリスの元警官の暴行がきっかけで亡くなってから1週間以上が経ったいまも警察暴力に対する抗議デモの嵐が全米で吹き荒れるなか、これらの楽曲はここ数週間でストリーミング再生回数を伸ばしている。

全米で起きている抗議デモのアンセムでもある「Fu-k Tha Police」の5月27日から6月1日にかけてのオンデマンド型音楽ストリーミングの再生回数は、米ローリングストーン誌の音楽チャートにデータを提供しているAlpha Data社によるとフロイドさんの死の前の5日間と比較して272%増加した。同楽曲は5月31日(日曜日)と6月1日(月曜日)に再生回数を顕著に伸ばしており、2日間で76万5000というストリーミング回数を記録した。これは、抗議活動がはじまる前の日曜と月曜日の数値と比較して5倍近い増加だ。同楽曲は、2014年にミズーリ州ファーガソンで黒人少年マイケル・ブラウンさんが射殺された1年後の2015年8月に同じように急浮上したことがあるものの、2015年当時の日曜と月曜日のそれぞれのストリーミング再生回数の増加率は2倍にとどまった。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。