BABYMETALとエレクトリック・コールボーイ(ELECTRIC CALLBOY)のコラボ曲「RATATATA」が世界を席巻している。日本時間5月23日に配信され、24日0時に解禁されたミュージックビデオはYouTube900万回再生を突破。
さらに米Billboardの「Hard Rock Digital Song Sales」チャートで1位を記録。6月8日・9日、ドイツで開催された巨大野外ロックフェス「ROCK IM PARK」と「ROCK AM RING」では大観衆を前に熱狂のコラボステージが実現した。

ちなみに同曲のライブでの世界初披露は、5月25日、26日、さいたまスーパーアリーナで開催されたBABYMETAL初主催フェス「FOX_FEST」だった。2日間を通して約3万人を動員した同フェスのDAY2、バックステージでBABYMETALとエレクトリック・コールボーイのインタビューが実現。ともに結成が2010年だったり、ともに積極的に海外で活動していたり(エレクトリック・コールボーイはドイツのバンド)、共通点が多々ある両者。「FOX_FEST」について、BABYMETALのプロデューサーであるKOBAMETALが「これからのシーンを一緒に作っていく”同志”と呼べるようなバンドさん、またはBABYMETALの次の世代を担ってほしいアーティストさんと一緒にやってみたい」と語ってくれたが、まさしく”同志”の証が刻まれた強烈な1曲と言えるだろう。


「RATATATA」の話から、主催フェスの話まで、BABYMETALとケヴィン・ラタイジャック(Vo, Key)とニコ・サラック(Vo)が気さくに話してくれた。

【写真を見る】BABYMETAL主催フェス「FOX_FEST」(全12枚)

ーまずは昨晩ステージ上で世界初披露となった「RATATATA」のコラボレーションの感想から聞かせてもらってもいいでしょうか?

ケヴィン:もう、とにかく最高だった。準備が大変だったから、やるまではワクワクとドキドキのどっちもあったんだけど、一緒にステージに立ったら、何の違和感もなかったよ。BABYMETALとはすごく仲がいいから、息もぴったりだった。彼女たちのパフォーマンスはいつも通り完璧で、そこに僕たちもしっくり馴染むことができたと思う。共演できたのは大きな喜びだ。


ニコ:僕たちにとっては、これだけ大勢の観客の前であの曲を初めてプレイする大きなチャンスだったからね。ケヴィンが言ったように、コラボレーション自体はすごくいい感触を得ることができた。今夜またやるのが待ち遠しいよ。

SU-METAL:本当に楽しかったです。新曲を初めて披露するとき、いつもだったら緊張するんだけど、2人とは仲良しだから……(笑)。

MOAMETA&MOMOMETAL:(笑)。


SU-METAL:コラボレーションもいつもは緊張するのに、初披露とは思えないくらいすっごく楽しくて。それは2人とのリレーションシップができていたからっていうのもあると思うし、本当に楽しかったです。

ケヴィン&ニコ:ありがとう。

ー「RATATATA」はBABYMETALらしさとエレクトリック・コールボーイらしさが融合したアッパーな曲ですが、どんなイメージやテーマを持って制作に臨みましたか?

ニコ:最初の構想として、五分五分の曲、つまりお互いの良さを併せ持った曲にしたかったんだ。実際、制作には長い時間を要した。毎回アイデアを出しては、ファイルで送らないといけなかったからね。
でも最終的にはみんなが満足するものができた。

ケヴィン:気の合う人と一緒に曲を作る際の利点は、互いが相手を尊重して、独自のことをやってもらうことで、自分も何か学ぶことができること。そうすることで、どちらも自分たちらしさを失うことなく、自然と溶け合うことができる。この曲の中には、自分たちだけだったら絶対にやらないけど、今回やってみてすごく気に入っているものがある。一番いい例が”フーフー"の合いの手だよ。正直、最初はどうすればいいのかわからなかった。
自分たちだけの曲ならやらないけど、今となっては曲に欠かせない部分だ。”フーフー"がなきゃ成り立たない。

ニコ:地元のスタジオで最初に聴いた時は「なんだ、こりゃ?」と思ったよ。

BABYMETAL:(笑)。

ニコ:自分たちが普段作る音とはあまりにかけ離れているから、これがいいのかどうかもわからなかった。でもBABYMETALから、これはカラオケ文化に根ざしたもので、日本では誰もが耳馴染みのあるものだって聞いて、気持ちが変わった。
それを入れる確固たる根拠があったからだ。今では”フーフー"がないと物足りないくらいだ。

MOAMETAL:ミュージックビデオの撮影前日まで、”フーフー"をどうするかが決まらなくて。

MOMOMETAL:そうだったね。

MOAMETAL:アリかナシかもわからないまま挑みました。ギリッギリまで粘ってできた、こだわりの作品です。

SU-METAL:”フーフー"言いたい私たちと、”フーフー"ってよくわからないって意見と(笑)。

ケヴィン:(笑)その通りだった。

ニコ:「どうせならもう1カ所入れよう」って言われて、「それはカンベンして!」って。

一同:(笑)。

ケヴィン:さっき会場の横にあるショッピングセンターを歩いていたら、エスカレーターであるカップルとすれ違った時に、この曲のメロディが聞こえて、えっと思ってカップルのほうを見たら、何を言ってたかはわからなかったけど、この曲を口ずさんでいたよ。

エレクトリック・コールボーイの影響を受けてできた振り付け

ーライブで観てあらためて感じたのは、”I will push it to the limit~”からの一連のSU-METALさんのボーカルパートの爆発力です。BABYMETALではあまりないタイプのメロディなのかなとも思うんですが、SU-METALさんはこの曲のボーカルに関して何か意識して取り組んだことはありますか?

SU-METAL:意識して何かを変えようとは特にしてなかったんですけど、私が声を入れる段階でニコの声が入っていたし「FOX_FEST」の開催も決まってたから、ライブでニコと一緒に歌ってるイメージで歌いました。もし私の声が新しい感じに聞こえたんだったら、それは多分ニコがリードしてくれてたのかなって思います。

ケヴィン:最初は日本語バージョンが送られてきたんだよね。それをもとにメロディを書いたんだ。というのも、僕たちは日本語を話さないから、言葉の内容よりも、まずは音として受け止める。で、あまりにいいメロディだったので英語バージョンも作ろうってことになって、ああなったんだ。

ニコ:世界中のファンのことを考えて、サビは英語で行こうってなったんだけど、日本語のパートも絶対に残しておきたいと思った。だから2番のAメロは日本語でいくことにした。

ーミュージックビデオでもチェックできますが、ダンスもかわいいですよね。パーティソングとならではというか、パラパラっぽいテイストもなんとなく感じられますし。

ニコ:あのコリオは全部僕らのアイデアだよ(笑)。

一同:(笑)。

MOAMETAL:今までのコラボレーション曲は、ベビメタ色が強い振り付けを考えてたけど、今回はエレクトリック・コールボーイに影響を受けてできた振り付けなんです。彼らのミュージックビデオって、「Pump It」とか「We Got The Moves」とか、面白いコリオが必ずどこかにあるじゃないですか。それを受けて自分たちでアイデアを出して作ったので、エレクトリック・コールボーイのおかげです!

ニコ:確かに「Pump It」や「Every Time We Touch」とかにはコリオが入っているけど、すごくシンプルなものばかりだから。BABYMETALのダンスのほうが断然凝っているよ。

ケヴィン:ミュージックビデオの撮影の時に、彼女たちが練習していたのが印象的だった。「うわぁ、すごくカッコいいな」と思ったんだ。

ニコ:打ち合わせしたのを覚えてる? 実はビデオの撮影初日には曲がまだ完成していなかったんだ。撮影現場で2人で曲に手を加えて完成させたんだ。そんななか、彼女たちは撮影前日の夜に振り付けも全部覚えなきゃいけなかった。そんな大変なことをどうやってクリアしたのかはわからないけど、信じられなかったよ。

MOMOMETAL:シンプルな動きが多い振りだから、ファンの人も真似できるんじゃないかなと思うので、ぜひ真似して欲しいです。

MOAMETAL:確かに。ミュージックビデオ撮影の時、ニコとケヴィンも最後のパートを一緒に踊ってくれてました。

BABYMETAL:(笑)。

ケヴィン:ちゃんと教えてもらったからね。自分たちにとっては初めてのことだったけど、やってみて楽しかった。

ニコ:精一杯頑張ったよ。

主催フェスの醍醐味

ー「FOX_FEST」はBABYMETAL主催のフェスですけど、エレクトリック・コールボーイも「Escalation Fest」という自分たちの主催フェスを前からやっていますよね。それはどういう感じのフェスなんですか?

ケヴィン:「FOX_FEST」と発想は近い。以前、自分たちの地元で単独でライブをやった際にソールドアウトになったから、会場を大きくするべきか、追加公演をするべきか考えて、追加公演をすることにしたんだ。で、どうせやるなら、仲のいいアーティストや、人気のバンドに声をかけて自分たちのフェスを開催しようってなったのがきっかけなんだよ。一つのジャンルにこだわらず、ジャンルを超えた、一夜限りのフェスだ。やってみたら大盛況でね。地元の近くで開催したんだけど、初年度は1万~1万1千人ほど動員して、毎年開催するようになった「FOX_FEST」のほうが規模は大きいと思うけど、発想はほぼ同じだと思う。自分たちのワンマンライブもいいけど、自分たちの主催するフェスができるなんて最高だよ。

ーBABYMETALは今回初めて自分たちのフェスを開催してみて、どんな感想を抱きましたか?

MOAMETAL:私たちが仲良いと思っているバンドを日本に招待できて、とにかく楽しかったです。ベビメタが好きなお客さんは、絶対エレクトリック・コールボーイも好きなんですよ。だから昨日の盛り上がりもやっぱり……。

MOMOMETAL:ね、すごかった!

MOAMETAL:エレクトリック・コールボーイのおかげでボルテージが上がっていったのを感じて、「私たちが仲良いエレクトリック・コールボーイって、やっぱりヤバいな」って。

MOMOMETAL:わかる。

SU-METAL:(笑)誇らしかったよね。

ケヴィン&ニコ:ありがとう!

MOAMETAL:本当にうれしかったし、これをきっかけにエレクトリック・コールボーイが日本中に知られて欲しい。またエレクトリック・コールボーイが単独やる時は、私たちを呼んで欲しいなって思います。

ケヴィン:絶対にゲストで呼ぶよ!

ニコ:今回「FOX_FEST」に参加できて心から感謝している。これだけ大きな観客の前でプレイできるのは僕たちにとってまたとないチャンスだ。新しいファンができるきっかけになればうれしい。

ケヴィン:本当に信じられないよ。前回に日本に来たのは7年前だったけど、いつも居心地がいいと思っていて、ずっとまた来たいと思っていたんだ。だから今回こうして来れて本当にうれしかった。

ー今後、北米やヨーロッパのフェス、また各々のツアーで「RATATATA」を披露する機会がたくさんあると思いますが、オーディエンスにはどんな風にこの曲を楽しんでもらいたいですか?

ニコ:曲が既に物語っている。BABYMETAL無しでは同じ曲にはならないことは確かだ。僕たちではダンスができないからね。

BABYMETAL:(笑)。

ニコ:でも、僕たちだけでも可能な限り、エネルギッシュな演奏を届けたい。SU-METALの歌声をトラックで使うことになるだろう。僕は日本語が歌えないし、女の子じゃないから、僕が歌うのでは同じにはならない。どう上手く演奏するかは、2人で考えないといけないけど。

ケヴィン:その解決策を見つけないとね。歌詞の日本語パートを台無しにはしたくないから。LEDスクリーンにカッコいい映像を流してみるのもいいと思う。これから相談して決めるよ。YouTubeのコメント欄にみんな書き込んでくれている通りで、この曲は夏にピッタリのみんなで盛り上がるアゲ曲だ。

ニコ:フェスティバルにうってつけだよ。

ケヴィン:何も考えずに楽しめる。

MOMOMETAL:2人も言っていたように「フェスティバルソング」だと思うので、感じるがままにお客さんには楽しんで欲しいし、ノリノリで騒いでもらいたいなって思います。個人的に”Bun-bun-bun”のパートは、一緒にお客さんと手を振って踊りたいですね。

ケヴィン:曲の最後も気に入ってるんだ。サビが続くところ。

ニコ:”Everybody…”ってところだよね。

ケヴィン:歌っていて僕も気分が上がる。ライブで演奏するのに慣れてきたら、演奏する僕たちも思い切り楽しめる曲になるのは間違いないよ。

BABYMETALとELECTRIC CALLBOYが語る、「RATATATA」制作の舞台裏

Photo by Taichi Nishimaki

【関連記事】BABYMETALとPOLYPHIAが語る、ステージ上で一番大切にしていること