東方神起から脱退した3人「独自の活動可能」、事務所が再び敗訴

       
 韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメント(以下SM)と、東方神起の元メンバーで現在は「JYJ」として活動する3人(ジェジュン、ジュンス、ユチョン)との専属契約をめぐる争いで、ソウル中央地方裁判所は17日、SMの仮処分異議申し立てを棄却する決定をした。韓国メディアは「JYJの独自活動が可能となった」、「JYJがSMに再び勝訴」と相次ぎ報じた。

 裁判では、専属契約について「芸能人が自身の活動に意思決定権を持てず、会社の一方的な指示を遵守(じゅんしゅ)するもので『従属型専属契約』にあたる」と指摘。契約期間は13年と雇用勤労基準法より10年以上長く、契約を途中で終わらせる方法が何も準備されていないことから「メンバーが一方的に不利になる契約」とした。

 さらに、「高い人気を享受(きょうじゅ)できる期間が短い芸能人の職業的特性を考慮すれば、不当な専属契約は事実上の終身契約」だとし、「人格および職業選択の自由を保護するため、専属契約期間を合理的範囲に制限する必要がある」と判断した。

 ジェジュン、ジュンス、ユチョンは2009年7月、当時所属していたSMを相手取り専属契約の効力停止を求める仮処分を申請。裁判所は同年10月、3人の主張を認める判決を下したが、SMは「判決は受け入れられない」として仮処分の異議を申し立てていた。(編集担当:新川悠)

【関連記事・情報】
【韓国ブログ】海外で出会った韓流好き日本人「韓国人より情報通」(2011/02/16)
【韓国ブログ】KARAの分裂騒動で露呈した韓流ブームの「虚像」(2011/01/22)
【韓国BBS】相次ぐ韓国アイドルのトラブル、原因は親の欲?(2011/01/21)
泥沼化が避けられないKARAと事務所のトラブル(2011/01/20)
「東方神起」と同じ構図…「KARA」分裂危機で韓流に打撃=韓国(2011/01/20)
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東方神起」に関する記事

「東方神起」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東方神起」の記事

次に読みたい「東方神起」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月18日の韓流記事

キーワード一覧

  1. 東方神起 twitter
  2. 東方神起 ライブ
  3. 東方神起 公演

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。