「電線」が美観を損ねる日本、中国ネット「地震大国で地中化は無理か?」=中国

「電線」が美観を損ねる日本、中国ネット「地震大国で地中化は無理か?」=中国
中国メディアは、「日本は先進国なのになぜ電線が出ているのか」と題する記事を掲載した。日本が遅れているのか、それとも先進国だからこそ古いものが好きなのかという疑問について分析している。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本はごみが落ちていないほど清潔な国ではあるが、「電線」が見えるのが美観を損ねるという人もいるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本は先進国なのになぜ電線が出ているのか」と題する記事を掲載した。日本が遅れているのか、それとも先進国だからこそ古いものが好きなのかという疑問について分析している。

 記事の中国人筆者は旅行が好きなようで、いろいろな国を訪問しているようだが、日本を訪問した時に違和感があったと伝えている。アジア屈指の先進国である日本で、電線のほとんどが地中化されていないからだ。しかも何十年も昔の電柱や電線が使われているようだとその古びた感じに驚いている。

 電線の地中化が進んでいる北京や上海など比べ、日本は先進国ではないかのようだと感じたそうだが、何もかも真新しく、設備も最新で高いビルがそびえていることが発展の象徴という感覚の中国人がそう感じるのも当然なのかもしれない。これは日本が「遅れている」ということなのだろうか、それとも「古いものが好き」だからなのだろうか。

 記事は、日本では電線が地上にあることについて、地震の多い国であることや、人口が密集していて地下に埋めてしまうと修理が大変になることが考えられると分析。「古いものが好き」というより、合理的であるためだと言えるだろう。

 日本はほかの国と比べても、電線の地中化が進んでいないのは事実だが、先進国なら、電柱や電線が地下に埋められていて当然というわけでもない。記事は、米国も電線が目立ち、しかも木製の電柱が多くて驚いたと紹介している。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。