外国人を連れていくなら知っておきたいタトゥーと温泉の現状

外国人を連れていくなら知っておきたいタトゥーと温泉の現状


日本を訪れる外国人の数は毎年増加傾向にあります。JTB総合研究所の調べによると2018年8月までにはすでに2000万人を超える訪日外国人観光客が日本を訪れており、今後も外国人訪日客の数は増え続ける傾向にあるそうです。

観光地だけではなく日常生活の中でも以前より外国人と触れ合う機会が多くなった今日この頃。せっかく日本に来たのであれば日本の文化をたっぷり堪能してもらいたいと思うのがおもてなしの国日本人としての想いですが、日本文化の代表として欠かせない温泉では、多くの外国人が直面するタトゥー問題があります。

今回は、増え続ける外国人観光客の多くが直面するタトゥーと日本の温泉の現状についてご紹介します。


タトゥー人口が多い国は?
外国人を連れていくなら知っておきたいタトゥーと温泉の現状


タトゥーと温泉の話の前に、タトゥーの現状について見ていきましょう。

今年実施された世界各国の14歳から65歳までを対象にした調査では、世界で最もタトゥー人口が多いのはイタリア(48%)、次いでスウェーデン(47%)、アメリカ(46%)という結果になりました。中でもスウェーデンとアメリカでは一人当たりのタトゥー数の平均が最も多く、タトゥーをしている人は4個以上のタトゥーをしている人が多いということが分かりました。

この調査には日本は含まれていませんが、別の調査では日本人でタトゥーをしている人の割合は全体の2.5%にとどまり、他の国と比べて日本でのタトゥーが浸透率にどれだけ差があるかが分かります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年11月13日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。