知らなかった!アロハシャツは日本人が生み出した傑作ハワイ土産【日本発祥の意外なもの】

知らなかった!アロハシャツは日本人が生み出した傑作ハワイ土産【日本発祥の意外なもの】
       


日本発祥の意外なものをご紹介する「知られざるジャパンクオリティの世界へ。“日本発祥の意外なもの”」特集。今回はアロハシャツについて。

ハワイのムードがたっぷりで、日本人も大好きなアロハシャツ。実は、ハワイに移住した日本人がルーツだったんです。まさか!?って思いますよね。アロハシャツ誕生秘話をご紹介。

ハワイに渡った出稼ぎの日本人たち
知らなかった!アロハシャツは日本人が生み出した傑作ハワイ土産【日本発祥の意外なもの】


100年以上昔、多くの日本人がハワイに渡りました。きっかけは、サトウキビ栽培の労働力が必要だったハワイが、明治政府に働き手をリクエストしたことから。それを受け、1885年に第1回ハワイ官約移民が横浜から出航します。

それから10年の間に募集に応じたのは、貧しい生活を送っていた約2万9千人の日本人です。一攫千金のチャンスを夢見て渡航した彼らの多くは西日本の出身。三分の一にあたる約1万人が山口県から、そのうち約4千人が周防大島の住民でした。広島、熊本、福岡の農村出身者も多かったそうです。

もともとは、移住予定ではなく、3年契約の出稼ぎでした。楽園を夢見たハワイでの生活も過酷なものでしたが、ハワイの地にとどまった人も少なくありませんでした。

知らなかった!アロハシャツは日本人が生み出した傑作ハワイ土産【日本発祥の意外なもの】


さて、彼らが働くサトウキビ農園では、ポルトガル人が持ち込んだ青いチェック柄の開襟シャツ「パラカ」を作業着にしていました。どこか絣のようなパラカに愛着を感じていた日本人も、作業着としてこのシャツを着ていたと言います。そして、母国から持ち込んだ着物が擦り切れて着られなくなったときに、その着物をパラカ型の子供用シャツに仕立て直し、子供たちに着せていたそうです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月20日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。