ハートだけだった時とは違う イングランドに“GK黄金期”が訪れる予感

ハートだけだった時とは違う イングランドに“GK黄金期”が訪れる予感

サウサンプトンのアンガス・ガン photo/Getty Images

一気に若返るGK

スティーブン・ジェラードやデイビッド・ベッカムらを擁した黄金世代の頃より、イングランド代表はどこかGKに不安を抱えていた。ワールドクラスと呼べるGKは少なく、近年はジョー・ハートに頼る格好となっていた。

その状況が変わり始めたのは昨年のロシアワールドカップからだ。代表監督のガレス・サウスゲイトはエヴァートンのジョーダン・ピックフォード、ストーク・シティのジャック・バトランド、バーンリーのニック・ポープをメンバーに選び、一気にGKが若返ることになった。

彼らだけではない。現在サウサンプトンでは世代別イングランド代表に選ばれてきた23歳のアンガス・ガンが守護神を務めており、ボーンマスでは21歳のアーロン・ラムズデールが、昇格組シェフィールド・ユナイテッドではマンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍している22歳のディーン・ヘンダーソンが出場を続けている。彼らも今後が楽しみな選手たちだ。

英『The Guardian』はイングランドにGKの黄金期が到来するのではないかと期待しており、プレミアリーグで若いイングランド人GKがチャンスを得ているのは非常に大きい。GKは試合中に交代する機会も少ないため、1つの世代に3人ほどトップレベルの実力者を揃えられれば十分だ。

プレミア・チャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーでプレイする22歳のフレディ・ウッドマンも昨年にトゥーロン国際大会、2017年のU-20ワールドカップ制覇の実績を誇る。ニューカッスルからのレンタルでスウォンジーに加入している選手だが、ウッドマンもそろそろプレミアでプレイして良い頃合いだろう。

2022カタールワールドカップはピックフォードやバトランドで問題ない。その次にウッドマンやヘンダーソン、アンガス・ガンらの世代が絡んでくると理想的で、イングランドにGK問題はもう起こらないか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。