NEXTワンダーボーイは誰だ ドルトムントが見るべきサンチョの“後釜候補7人”

NEXTワンダーボーイは誰だ ドルトムントが見るべきサンチョの“後釜候補7人”

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

次なるヤングスター候補たち

今後ドルトムントが取り組むミッションの1つが、FWジェイドン・サンチョの後釜探しだ。

ドルトムントで大ブレイクしたサンチョには多くのビッグクラブが注目しており、近いうちに移籍する可能性がある。ドルトムントはサンチョに代わるアタッカーを見つけなければならない。

そこで『90min』は、「サンチョの後釜候補7人」を紹介している。ドルトムントのテーマは、若い将来性ある選手を獲得することだ。このテーマに従い、同メディアも若き実力者をリストアップしている。

1.フェラン・トーレス(バレンシア/20歳)



トーレスも欧州ビッグクラブから関心を集めている選手だ。今季はリーガ・エスパニョーラで80回のドリブルを成功させており、4得点7アシストを記録している。いきなりトップレベルのパフォーマンスが期待できる人材と言える。

2.ミロト・ラシカ(ブレーメン/23歳)



大迫勇也の同僚でもあるラシカは、スピード豊かなアタッカーだ。苦戦するチームにおける数少ないポジティブな材料であり、すでにブンデスリーガの環境を知っているのも大きい。現時点でブレーメンは17位に沈んでおり、降格圏にある。ラシカも2部でプレイする考えはないはずで、ドルトムントへの移籍は理想的なステップアップか。

3.ジョナサン・デイビッド(ヘント/20歳)



トーレスやラシカとは異なり、ベルギーリーグでプレイするカナダ代表のデイビッドは高い得点力が持ち味だ。今季リーグ戦では18得点を記録しており、同メディアはバイエルンFWトーマス・ミュラーに似たタイプのアタッカーと評価する。

4.ケルヴィン・ステングス(AZ/21歳)



ステングスは今季エールディヴィジで7つのアシストを記録しているチャンスメイカーで、サイドだけでなく中央でもプレイ可能な選手だ。何もないところからチャンスを生み出せると評価されており、同メディアはパリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアに似ていると評する。ポジショニングのセンス、高いドリブル能力を武器にチャンスを量産することが期待される。


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。