専業主婦と働く女性、どちらの満足度が高いのか。それぞれの苦労は?

専業主婦と働く女性、どちらの満足度が高いのか。それぞれの苦労は?

「専業主婦世帯と共働き世帯1980年~2018年」(労働政策研究・研修機構)によると、30年前の1989年に930万世帯あった専業主婦世帯は、2018年には600万世帯まで減っています。一方、同時期に共働き世帯は783万世帯から1219万世帯に増加。共働き世帯は専業主婦世帯の2倍にまでなっています。では、専業主婦と共働き女性の満足度はどちらが高いのでしょうか。



■専業主婦で現状に満足している人は半数を超える



ソニー生命保険は2019年4月、「女性の活躍に関する意識調査2019( https://www.sonylife.co.jp/company/news/2019/nr_190424.html )」を発表しました。全回答者(1000人)のうち専業主婦(269人)に「現在の生活に満足している」かどうか聞いたところ、「そう思う」(「非常に」と「やや」の合計、以下同)が56%と、半数を上回る人が満足感を得ていることが分かりました。



一方で、「本当は外に働きに行きたい」かという質問に対して「そう思う」は32%。世代別に見ると20代では70%、30代では51%と、若い年代の専業主婦は働きに出たくても出られない様子。特に都会では無職の状況だと保育園に入れるのが非常に難しいもの。働きたくても子供の預け先がないことから、専業主婦でいるケースもあるでしょう。



また「専業主婦は苦労が多いと思う」かという問いに対して、「そう思う」は54%となっていますが、世代別では20代が64%と最も割合が高くなっています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年9月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら