「高速道120km/h時代」到来か 新東名145km一挙に最高速度アップ 何が変わる?

「高速道120km/h時代」到来か 新東名145km一挙に最高速度アップ 何が変わる?

新東名高速の静岡区間およそ145kmで、6車線化の完了とともに最高速度が100km/hから120km/hに引き上げられます。これまで試行されていた区間の約3倍の長さで実施される最高速度の引き上げ、何をもたらすのでしょうか。

6車線化完了で速度引き上げも正式にGO

 新東名の静岡区間(御殿場JCT~浜松いなさJCT)が2020年12月22日(火)、全面的に6車線(片側3車線)運用となり、同時に最高速度が120km/hまで引き上げられます。東北道の一部(花巻南IC~盛岡南IC)では、すでに9月に引き上げが実施されていますが、今回はそれが145kmにもおよぶ区間で適用されます。

 新東名では2017年から、もともと6車線が確保されていた新静岡IC~森掛川IC間およそ50kmで、最高速度を110km/h、120km/hと段階的に引き上げる試行が実施されていました。

「高速道120km/h時代」到来か 新東名145km一挙に最高速度アッ...の画像はこちら >>

新東名の6車線化工事区間。ここも最高速度120km/hとなる(画像:NEXCO中日本)。

 この区間と、前出した東北道の2か所での試行結果を踏まえ、警察も引き上げに向けた制度改正を行い、新東名では6車線化の完成とともにGoとなるわけです。ただし大型車については、普通車よりも低い最高速度80km/hのまま据え置かれます。

 6車線化の整備効果としてNEXCO中日本は、物流の効率化や走りやすさ、東名に対する代替ルート機能の強化などを挙げますが、最高速度の引き上げに関する効果には言及していません。どのようなことが考えられるのでしょうか。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。