スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩

スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩
拡大する(全8枚)

先代N-BOXが一躍人気になったことで売れ行きを伸ばした

2020年度(2020年4月から2021年3月)の軽自動車届け出台数を見ると、ホンダN-BOXが19万7900台を達成して1位になった。2位はスズキ・スペーシアで14万5319台、3位はダイハツ・タントで12万8218台だ。



スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理...の画像はこちら >>



過去を振り返るとN-BOXは、先代型を販売していた2015年/2015年度から、一貫して軽自動車の届け出台数1位であり続ける。軽自動車の販売総数では、ダイハツとスズキに次ぐ3位がホンダの定位置だが、車名別販売1位はN-BOXが守る。



なぜダイハツやスズキの軽自動車は販売1位になれないのか。背景には複数の理由がある。



まず先代N-BOXが成功したことだ。空間効率を徹底的に高め、前輪駆動の軽乗用車では最も広い室内を確保した。燃料タンクを前席の下に搭載したから車内後部の床が低く、後席を畳むと大容量の荷室になって自転車も積みやすい。



スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩



軽自動車の小さなボディと、広い車内の組み合わせには、誰もが驚かされた。後席や荷室を使わないユーザーも、購買意欲を刺激され、先代N-BOXは好調な売れ行きを達成している。



先代モデルの大ヒットにより、ホンダはN-BOXが好調に売れる自信を得たから、2代目の現行型には十分な開発費用を充当した。内外装の質を高め、前席は座り心地も上質だ。乗り心地も快適で、エンジンなどのノイズは小さい。運転支援システムは、タントやスペーシアに先駆けて採用され、すべての機能が「N-BOXで十分」と思わせる。先代型が好調に売れたから、乗り替え需要も豊富で、2017年以降は小型/普通車まで含めて国内販売の総合1位になった。


この記事の画像

「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像1 「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像2 「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像3 「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像4
「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像5 「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像6 「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像7 「スズキもダイハツも勝てない! 誰もN-BOXを超えられない理由とそこにあるホンダの苦悩」の画像8

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スズキ」に関する記事

「スズキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スズキ」の記事

次に読みたい「スズキ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク