「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」
拡大する(全7枚)

この記事をまとめると
■ランボルギーニ・ディアブロは1990~2001年まで製造されていた



■5.7リッター/6リッターV12をミッドに搭載したシザースドアのフラッグシップモデル



■初期のディアブロの品質はとにかく悪く不具合が頻出した



「悪魔」と名付けられたカウンタックの後継モデル

1990年半ばから2001年にかけて、つまり1990年代のほとんどを、ランボルギーニが生産したロードカーは、実質的にはディアブロのみだった。ほかにはカウンタック・アニバーサリーの最終期にあたるモデルと、今ではこれもSUVというのだろう、オフローダーのLM002が細々と生産されていたのみ。悪魔という闘牛の名を与えられたこの新型車は、1990年代のランボルギーニを支える、きわめて重要な商品にほかならなかったのだ。



「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! ス...の画像はこちら >>



当初の計画では、さらに早い時期にフルモデルチェンジが予定されていたディアブロだが、結果的に10年近くのライフスパンを得るに至ったのは、1998年にアウディがランボルギーニの新たな親会社となったからにほかならない。P132の社内コードで開発が始まった時、フランスのミムラン・グループが親会社だったランボルギーニは、その開発途中に新たにクライスラーへと収まり、さらに生産途中にアウディに吸収されるという、まさに激動の時代を歩んだモデルでもあるのだ。



ミムラン・グループ下のランボルギーニでは、すでにP132の開発コードで呼ばれる新世代の12気筒ミッドシップ車のデザインを求めて、複数のカロッツェリアにそのアイディアを依頼。結局、その中から選ばれたのは、ミウラ、カウンタックに続いてガンディーニの手によるものだったのだが、新たに親会社となったクライスラーとの意見の違いは相当に大きかったという。最終的にはボディの左右でクライスラー案とガンディーニ案を作り分け、その比較をも行ったというのだから、両社ともにいかにそのデザインを重視していたのかが想像できる。


この記事の画像

「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像1 「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像2 「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像3 「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像4
「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像5 「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像6 「「テールランプが溶けた」「ドアが開かず閉じ込められた」! スーパーカーらしい不具合のデパートだったランボルギーニ「ディアブロ」」の画像7