今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

舞台というより部活です。ミュージカル「テニスの王子様」手塚国光役・和田琢磨に聞く

2013年6月5日 11時00分 ライター情報:大山くまお

和田琢磨1st.写真集
TAKUMA WADA
6月29日発売 価格:3000円(税込)

発売記念イベントのお知らせ
2013年6月29日(土)名古屋 東建・丸の内ホール
第1部 11:30開演/第2部 14:30開演

2013年6月30日(日)大阪 T・Bホール
第1部 11:30開演/第2部 14:30開演

2013年7月6日(土)東京 星陵会館
第1部 11:30開演/第2部 14:30開演

イベント内容、申込みなどに関してはこちらをご覧ください。
http://slf-ltd.com/takuma/index.html#in

写真集のご購入方法:WEB SHOPにてご購入いただけます。
2013年6月25日(火)販売サイトOPEN(予定)
※発送は2013年7月10日(水)以降になります

[拡大写真]

大人気のミュージカル『テニスの王子様』(通称「テニミュ)2ndシーズンにて、主人公・越前リョーマが通う青春学園テニス部部長・手塚国光役を演じ、一躍脚光を浴びた俳優の和田琢磨。すらりとしたスタイルに甘いマスクは、“イケメン”というより“二枚目”といった風情。かつては建築を専攻し、好きな作家は村上春樹、ブログは必ずパソコンで書くという、ちょっと文系乙女狙い撃ち感のあるアクターだ。

昨年末に「テニミュ」を卒業してからは、舞台『スペーストラベラーズside;Winter』の主演、松山ケンイチ主演の舞台『遠い夏のゴッホ』への出演などを重ね、実力派俳優へと着実にステップアップ。6月にはミュージカル『冒険者たち ~The Gamba 9~』(つまり『ガンバの冒険』!)への出演を控えている和田が、初めての写真集『TAKUMA WADA』を6月29日にリリースする。「テニミュ」を卒業した今の心境、写真集のエピソードなどについて、たっぷり語ってもらった。


───「テニミュ」卒業から半年たちました。ご自身で振り返ってみて、いかがですか?
和田 丸2年間やっていましたし、僕にとって2つ目の作品だったということもあって、僕の基礎を形作った作品でしたね。自分の過去の話をするときは、必ず避けて通れないぐらいの重大なものだというのは間違いないです。
───ハードな2年間でした?
和田 お休みがなかったですからね(笑)。乗り切れたのは、同じチームメイトのキャストさんたちとの結束のおかげです。本当に人間性の素晴らしい方ばかりで、兄弟のように接していました。
───物語どおり、団体戦だったわけですね。
和田 自分でメンバーを選んだわけではなく、偶然集まった人たちで同じ方向を向いて2年間やることができた。それは間違いなく自分たちにとって自信になったと思います。

四六時中、手塚でいなきゃいけない

───冷静で真面目、完璧主義のテニス部部長という手塚国光というキャラクターを、和田さん自身はどう捉えていましたか?
和田 やっぱり最初は、頑なで完璧な人間だと思っていたんです。それが何公演か演じていくうちに、チームメイトへの愛情とか彼自身の弱さが浮き彫りになってきましたね。あと、「テニミュ」をやっているときは、舞台上はもちろん、舞台上にいないときでも、そのキャラクターのように見られることが多いんです。稽古中もそうですし、ファンの方も、僕がいると「あ、手塚だ」って。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

「舞台というより部活です。ミュージカル「テニスの王子様」手塚国光役・和田琢磨に聞く」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!