今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

マック赤坂はなぜ内田裕也・茂木健一郎・堀江貴文にからむのか2

2013年12月25日 11時00分 ライター情報:HK(吉岡命・遠藤譲)

「人物レビュー・マック赤坂」中編。政界を引退し、芸能界挑戦を宣言したマック赤坂が向かったのは若者の熱気で溢れる大学祭だった。内田裕也、茂木健一郎、堀江貴文のトークショーへとおもむくマック。そんななか、猪瀬都知事の5000万円受領問題が発覚して……。マック赤坂と戸並誠。実像と虚像が交錯する。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

前編より続く

9度の選挙に負けつづけた男、マック赤坂。本名、戸並誠。レアメタルの輸入で巨万の富を得て、平穏な老後を暮していけるはずの彼。選挙からの引退を決意したマックの戦いには、まだ続きがあった。


【マック赤坂、プロレス乱入計画――いいんだな、殺っちゃうよ!?】

11月22日。マックは慶應大学三田キャンパスへとやってきた。マックが東京での学園祭行脚において、一番楽しみにしていたのが慶應三田祭である。
スーパーマンのコスプレで現れたマックは、学生プロレスの会場へと向かった。肩には拡声器がぶら下げられている。リングに乱入し、スマイルダンスを披露しようという魂胆だ。
ちなみに、都知事選の政見放送でスーパーマンになったのは、「東京を救えるのはスーパーマンかマック赤坂ぐらいしかいない!」という強いメッセージだったそうである。

前日、会場に下見に訪れた際、マックは興奮していた。
「最高のロケーションだな。福澤先生の前でプロレスをやれる。こりゃいいよ。今日は帰って深夜に特訓だ! 俺には合気道の心得があるからな。……いいんだな、殺っちゃうよ!?」
プロレス会場の目の前には、鎮座する福澤諭吉の銅像。マックは毎年元旦に、この福澤像の前で手を合わせている。

リング上の試合も佳境に入り、学生レスラーがシャイニング・ウィザードの体勢になったそのとき、マックは飛びたった。
ビュイーンと口で効果音をつけながらリング下を一周。騒然とする観客。唖然とするレスラーたち。実況だけが「おお! なんだあのオッサンは!」と驚きつつ、試合を成立させようとアナウンスを続ける。
実際のところ観客にウケていたかというと、微妙であった。率直に言えば、リング周辺には変な空気が漂っていた……。

数分後、マック赤坂は観客席のパイプ椅子に座らされていた。
「なあ、だから言っただろ! やめとこうって俺はさあ!」
怒り心頭である。ロープをつかみいざ乱入となったところで、運営の人々が駆けつけ、あえなくストップがかかったのだ。無情にも鳴らされるゴング。半端な試合中断の末、結局マックがリングインすることはなかった。
「もうやめにするか!? なにもかも! 帰りゃいいのか!? なあ!」


【マック赤坂、内田裕也に急接近!――政見放送だけがアピールできる場所だ】

落ち着きをとりもどしたマック赤坂は、学生が主催する内田裕也のトークショー会場へと向かった。
大学構内を歩いていると、マックさんですか、と声をかけられることは多い。

ライター情報

HK(吉岡命・遠藤譲)

男子2人組の編集者&ライターユニット。ノンフィクション書評、労働・貧困問題、ネット右翼、炎上検証、突撃ルポなど。お仕事のご依頼はツイッターまで。

URL:Twitter:@HKeditorialroom

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!