今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

映画「聲の形」監督に聞く「開けたくない扉を開けてしまった感じでした」

2016年9月18日 10時00分 ライター情報:丸本大輔
「第19回手塚治虫文化賞新生賞」などさまざまな賞も受賞した大今良時のベストセラー漫画を、数々の大ヒットアニメを産みだしてきた京都アニメーションがアニメ化した映画「聲の形」
「たまこラブストーリー」で「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞」を獲得した山田尚子が監督を務めるということもあり、公開前から大きな注目を集め、現在、大ヒット公開中だ。
2年前の「たまこラブストーリー」公開時に続いて実現したエキレビ2度目の山田尚子監督インタビュー後編は、主人公の石田将也、ヒロインの西宮硝子以外のキャラクターについても話を聞きつつ、さらに深く物語を掘り下げていく。
(前編はこちら
高校生になって再会した将也と硝子。将也は手話を覚えており、硝子ともコミュニケーションが取れるようになっていた。友達になった二人は、お互いに惹かれあうが……。(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

結絃は、将也や硝子たちをつなぐ存在


──本作では、硝子の妹の結絃に原作以上の存在感を感じました。物語を引っ張る存在にもなっていますよね。
山田 大今先生からは、結絃と(将也のクラスメートの)永束(友宏)は、物語の中で繋ぐものの役割を担っているというお話をうかがっていました。なので、結絃は、まさにそのまま、将也や硝子たちをつなぐ存在というつもりで描きました。将也や硝子の代弁をしてくれるだけでなく、私たち観ている側の代弁もしてくれる。妹という近い立場だからこそ、ズバッと切り込んでもいけるし、途方もなく優しくすることもできるんですよね。あと、大今先生からは、この作品はあくまでも将也の物語であって、硝子の物語にはしたくないというか、硝子の一人称は使ってないとも聞いていたんですね。だから、技術的な面でも、結絃がいてくれてすごく助かったんです。結絃がいることで、(将也と一緒にいない時の)硝子にカメラが振れるんですよ。
──将也硝子のキャスティングの理由については、公式サイトの中に書かれていたのですが、結絃役に悠木碧さんをキャスティングしたポイントを教えていただけますか?
山田 ちょうど、キャスティングを決め始める時期、放送されていたアニメに悠木さんが出ていらっしゃって。そのお芝居がすごく良かったんですよ。その子にすごく心を奪われて、こういうお芝居される方がいるんだと感銘をうけまして。それで、オーディションに参加していただいたんです。
姉・硝子のことをいつも気にかけている結絃。最初は、硝子を訪ねてきた将也を警戒し、自分は硝子の恋人だと名乗っていた。しかし、将也を信頼してからは、二人を繋ぐ存在になっていく

植野は対等な存在として、本気で硝子に向かっていく


──小学生時代の将也と硝子のクラスメート植野直花も、物語を動かす存在ですよね。ただ、わがままで面倒な子にも見えかねない子だと思うのですが、描く際にはどのようなことを意識されましたか?
山田 基本的に、どのキャラクターも肯定していこうと思っているので、植野のことも分からないということはあまりなかったですね。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!