今注目のアプリ、書籍をレビュー

15

「ポプテピピック」は動画やSNSの感想でバズらせる計算をしつくした、クソ賢いアニメだ

2018年1月13日 09時45分 ライター情報:たまごまご
アニメ『ポプテピピック』が、ニコニコ動画では2日足らずで百万再生どころかあっという間に二百万再生超え
これはニコニコ動画史上ダントツ1位の早さだ。
けれどもほとんどの視聴者は、傑作とは言わず、口をそろえて「クソアニメ」と答えるはずだ。
大川ぶくぶ『ポプテピピック』不条理ナンセンスマンガであり、二次創作的パロディ・メタネタの文法を踏まえた作品。LINEスタンプはとんでもなく売れているそうだ

前代未聞の24分、様々な元ネタを持つパロディ満載


大川ぶくぶ原作の『ポプテピピック』は、ポプ子とピピ美という2人のキャラが織りなす、不条理マンガ。
と言っても吉田戦車や榎本俊二や吾妻ひでおなどと異なり、アニメ・ゲームのパロディが非常に多く、かつ2ちゃんねる的なオタク・サブカル文化への明確な煽りも含んでいる。
ナンセンスを目指しきっているわけではない、独特な構造だ。
出版元の竹書房公式で「クソマンガ」と呼称。たくさんのファンに、愛をもってけなされ続けてきた。

アニメ序盤はこの「クソマンガ」っぽいギャグを、パロディ混じりでいい具合に見せる構成。
ただし、事前告知で報じられていた声優が出てこない。
本来はポプ子役が小松未可子、ピピ美役が上坂すみれ。
蓋を開けてみるとポプ子が江原正士、ピピ美が大塚芳忠という、ダンディすぎる声優に。
ここは原作者が希望していたネタなので、ファンも納得のサプライズだった。

一番の問題は中盤から。
30分枠(アニメ自体は24分弱)のアニメであるにもかかわらず、半分の時点でエンディングが流れ始める。
そのあと、二周目が始まった
声優は、ポプ子が三ツ矢雄二、ピピ美が日高のり子(高ははしご高)という、『タッチ』のコンビ。
アニメはというと、一周目完全にそのまま
30分枠で同じアニメを二回放送したのだ。ファンいわく「声優リセマラ」。

動画やSNSの感想による「バズらせ」特化の試み


さすがにこれには、ネット各所で賛否両論。
確かに斬新ではある。
けれども「アニメ作品としてプラスなのか」と言われると、悩ましい。少なくとも傑作とは言いがたい。映像技術における実験的作品、というわけでもない。
公的に言われ続けてきた「クソマンガ」に対しての「クソアニメ」という褒め言葉には、ぴったりだ。
これによって『ポプテピピック』はWebで、今期トップレベルで話題になることに成功した。

賢い作品だ。
ナンセンスじゃない。ネットでバズらせるための仕組みがあちこちに練り込まれ、よく計算されている。
アニメ本編がどんなに面白かろうと、吹き替えがどれだけ巧みだろうと、強制的に二周目を見せられたら、さすがに同じくらいの感動は起きない。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

「「ポプテピピック」は動画やSNSの感想でバズらせる計算をしつくした、クソ賢いアニメだ」のコメント一覧 15

  • 匿名さん 通報

    声優は豪華だが内容は何が面白いのか分からん

    10
  • 匿名さん 通報

    話題にはなるだろうが観る人を選ぶアニメだなと思いました。自分は多分2話目以降は観ないかな。

    8
  • 匿名さん 通報

    パロディ、仕込みネタは元ネタ知らないと辛いだけ。あれだけ詰め込んであると調べる気にもならない。完全な自己満足の世界。1クール12回、どう乗り切るつもりかという点のみ興味ある。駄作で終わる可能性大。

    7
  • 匿名さん 通報

    前半の15分見た時点で後半見なかったし、次回から見る気も失せた 単純に詰まらなくてSNSで呟く気にもなれなかったので、私のような者は記事のような誘導にも 引っかからず作者泣かせなのかもな

    4
  • 匿名さん 通報

    端的に言えば炎上商法でしょう。ライターは遠回りに仰ってるけど。アマチュアくさいパロディばかりの漫画に浅知恵を付け足しただけで面白くはない。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!