今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

「フリースタイルダンジョン」チャレンジャーpeko「俺が現れたのが大誤算だろ」遂にラスボス般若へ

2018年2月21日 08時30分 ライター情報:米光一成
即興のラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』(http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/)、テレビ朝日/Abemaで毎週火曜日深夜放送。
チャレンジャーが5人のモンスターを倒せば賞金100万円獲得の即興のラップバトル。
即興で、韻を踏みながら、言葉とリズムを相手にぶつける8小節2ターンの勝負だ。
3本勝負、2本先取で勝利。
ただし、判定が全員一致するとクリティカルとなり即勝利確定である。

4th season Rec 6-3のチャレンジャーは、大阪からの刺客peko
崇勲、ACEを倒した(リンク「フリースタイルダンジョン」Zeebra、ファンに謝罪、崇勲「かわいい担当」表明

ついに3人目のモンスター輪入道との対決。
フリースタイルイラスト/まつもとりえこ

気迫かなりすごい。顔と顔が近い。
ROUND2、pekoが
「俺はお前をグサッと刺す この言葉しっかり持って来たから聴き取れよ」
と言ったのに対して、
輪入道が「刺せ オラ刺せ できねぇなら言うなよバカ」
とたっぷりと溜めを効かせて語って
さらに顔を近づけ、また「刺せ」と繰り返し、頭血管浮かせて猛スピードで
「言葉の重みだどうのこうの言う前にまずは自分が言ってる事がどんだけの人間の耳に届くか考えてみな」
と緩急自在のスタイル。
「刺すっていうのはそういう意味じゃねぇ耳元に突き刺すって意味だよ」と返すpeko。

勝負は最終ROUND3にもつれ込む。
「刺すって言ったら刺す意味しかわからん」と輪入道。
「今後いっさい使わねぇここに誓うわ」と受け入れるpeko。
はじくところははじく。受け入れるところは受け入れる。
peko、「般若までつながる津軽海峡」とパンチラインをブチ込んで、
「2017年のMASS 対 CORE」で韻を踏む。
「MASS対CORE」は、ECD、名曲のタイトル。
pekoの勝利。

4人目は、無敗のFORK(ICE BAHN)。
FORK「お前の頭の中にある膨大な韻も俺にとっちゃ1つもボーダーラインを超えてねぇってことだよ」
対するpekoは、
「RHYME至上主義 その割に結構「台無し」とか「大なり」とか「スーパーサイヤ人」とか使い回しみたいなライムばっかりでがっかり」
と具体的にきっぱり言って、「ハッタリ」「バッチリ」と韻で畳み掛ける。
FORKは、ボディタッチ→DJ Tony Touch→タッチダウン→ジョー・モンタナ→拷問だなと韻とイメージの連鎖で見事につないで、
「お前の肛門から手突っ込んでお前の体中駆け巡って鼻の穴から2本指出してピースサインだよ」
と、ものすごいフレーズをぶっぱなす。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    海自の村川豊の部隊で起きた事件にそっくりだ

    2
  • 匿名さん 通報

    弥生ホテルのか?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!