今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

第2期「あまんちゅ!〜あどばんす〜」佐藤順一総監督「さらに3期にも繋がるように」

2018年4月14日 09時45分 ライター情報:丸本大輔
最速放送のAT-Xでは、4月14日(土)に第2話が放送されるTVアニメ「あまんちゅ!」の第2期、「あまんちゅ!〜あどばんす〜」
佐藤順一総監督インタビューの後編では、第2期での登場が発表されている新キャラクターや、第2期の見どころについても語ってもらった。

前編はこちら
佐藤順一総監督と第2弾キービジュアル。総監督のネクタイは、先行上映イベントの際、小日向光役の鈴木絵理からもらった誕生日プレゼント。(C)2018 天野こずえ/マッグガーデン・夢ヶ丘高校ダイビング部

井上喜久子さんの17歳とは思えない年輪のある演技


──第1期を制作していった中で想定以上に膨らだり、新しい面を発見したりしたキャラクターはいましたか?

佐藤 一番大きいのは、今(前編で)、話したぴかり(小日向光)のことですね。始めた時はそこまで見えてなかったので。ぴかりとてこ(大木双葉)にとって、お互いがかけがえのない存在というのは、どういうことなのかが見えてきたことで、13本(第13話はTV未放送)きっちりと描くことができたところはあります。それ以外で言えば、(小日向)きのさんですね。ここぞというところに居て欲しいキャラで、また、ちゃんとそこに居てくれるんですよね。第10話のてこへのセリフもそうですが、計算してないところで、ふわっと良い言葉が出てきたりもする。しかも、(井上)喜久子さんの17歳とは思えない年輪のある演技によって、そのセリフがさらに説得力を持つので(笑)。描きやすいというと語弊があるんですけれど、少し頼りにしていたところはありますね。
伊豆で海の家「海女人屋(あまんちゅや)」を経営している小日向きの。孫の光だけでなく、双葉たちのことも温かく見守っている。CVを勤めているのは、「永遠の17歳」として知られる人気声優の井上喜久子

──きの役に「永遠の17歳」である井上喜久子さんがキャスティングされたのは意外でした。

佐藤 きのさんのキャストは最後まで悩んだんですよ。普通だと、お婆ちゃん役をよくやられている声優さんにお願いすると思うのですが、原作の中でも重要なエピソードとして、きのさんが若い頃の話があるんです。あの話をアニメでもやろうと思ったら、お婆ちゃんの声しかできない声優さんでは無理があるので、若い声もお婆ちゃんの声も両方できる人を探しました。でも、そういう人はなかなか見つからなくて。どうしようかなと思っていた時、ふと、井上喜久子さんにやってもらえないかなと、ひらめいたんです。でも、お願いすること自体が失礼かもしれないので(笑)。一応、井上喜久子さんのホームページを見てみたら、「お婆ちゃんの役も大好き」と書いてあったんですよ。だったらお願いしてみようということになって、受けていただけたのですが、お願いして大正解でしたね。

──ダイビング部の先輩である二ノ宮姉弟に関しても、描く際に意識したことを教えてください。

佐藤 2人に関しては、第1期の中では、そんなにガッツリと描く機会はなかったんですよね。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!