今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

細かすぎて伝わらないハン・ソロ100連発「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」俺は何度でも観る

2018年7月3日 09時45分 ライター情報:しげる
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見て、ようやくディズニーとルーカスフィルムが何をやりたいのか、なんとなくわかった気がする。この映画は若きハン・ソロの冒険活劇であるとともに、「スター・ウォーズを肴にジャンル映画を作る」という試みの第二弾だったのである。

ヤンマガ的ヤンキー文脈で描かれる、まだ何者でもないハン・ソロ


『ハン・ソロ』で描かれるのは、スター・ウォーズシリーズで言う3本目『シスの復讐』と4本目『新たなる希望』の間の話。『新たなる希望』では帝国軍と反乱軍がすでにガチンコの大戦争を繰り広げていたが、『ハン・ソロ』ではそのちょっと前の、全銀河の治安が悪化して犯罪者たちがこの世の春を謳歌していた時代が舞台となる。まだ帝国軍VS反乱軍という構図が完全に成立しておらず、各地で反乱が発生していても反乱軍としてまとまってはいない。勢力を伸ばす帝国軍も完全に全銀河を掌握していないようで、流動的な状況の中で各地の犯罪シンジケートが大暴れしていた……という設定である。

タイトルの通り、主人公はハン・ソロ。『新たなる希望』では大胆不敵かつ傲岸不遜な密輸船の船長として登場し、相棒チューバッカとともに自称「銀河最速」の輸送船ミレニアム・ファルコン号に乗って大活躍した。演じたハリソン・フォードの男臭い胸板の存在感も相まって、いまだにシリーズ屈指の人気キャラである。

しかし『ハン・ソロ』でのハンはまだ何者でもない、ケツの青い若造だ。手元にあるのは若さとハッタリと頭の回転の早さだけ。地元に残して来た彼女を救い出すため、いつか宇宙船に乗って故郷に戻るということだけを目標にしているという、まるで漫画『カメレオン』の矢沢栄作みたいな奴である。そんなハンが、いかにして本格的にアウトローの道へと足を踏み出したのかというのが『ハン・ソロ』の主題だ。

なんせハリソンはもうおじさんというか、75歳のおじいちゃんだ。なので当然若い頃のハンを演じるのは無理。というわけで、ハンを演じているのはシリーズ初登場の若手、オールデン・エアエンライクである。このオールデンのハン、とにかくハリソンのハンのディテールを追えるだけ追っていて、ほとんど「細かすぎて伝わらないハン・ソロモノマネ100連発」といった状態。腕全体ではなく手元だけでブラスターを撃つ動作や、キスシーンでの頭の傾き具合、スッと立ったときに腰のあたりに手をかける動きなどなど、とにかくハリソン版ハン・ソロの動きをほぼ完コピ。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「細かすぎて伝わらないハン・ソロ100連発「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」俺は何度でも観る」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    じゃあ恋愛映画もあり得るわけやね。SF恋愛映画ってないよね。

    0
  • 匿名さん 通報

    長々と書いているがそうなのかね? そういえば、この役者はハリソン・フォードのハン・ソロの仕草は敢えて真似ないで演技したってなんかの記事で読んだがどうなんだろう?

    0
  • 匿名さん 通報

    エピソード2で設計図が出来ていたデススターを、もう一度設計し直すローグワンよりマシ。

    0
  • 匿名さん 通報

    旧作をオマージュしすぎ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!