今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

プロレス者が今読むべきは「Gスピリッツ」〈馬場夫妻と全日本プロレス〉

2018年7月8日 09時45分 ライター情報:杉江松恋
毎号必ず発売日に買って、しかもすべての文章を隅々まで読む雑誌というのは、今や辰巳出版の「Gスピリッツ」だけになった。雑誌というかムックなのだが。本誌は元「週刊ゴング」系のフリー編集者やライターによって作られている。ドクトル・ルチャこと清水勉氏と小佐野景浩氏が主筆と言っていいだろう。目玉は昭和のプロレスを対象にした特集で、小佐野氏が中心となったロング・インタビュー、対談記事が毎回楽しみなのである。

今号の特集は〈馬場夫妻と全日本プロレス〉だ。これまでにも何回か全日本プロレスの特集は組まれてきたが、先日伝えられた馬場元子氏(ジャイアント馬場夫人)の訃報を受けてのものだろう。特集に登場したのは何代目かのジャイアント馬場付き人である佐藤昭雄氏、全日本プロレスでは外様の扱いを受けていたグレート小鹿選手とキム・ドク選手(共にまだ引退はしていない)、やはり付き人で元子に可愛がられた大仁田厚氏(現在引退中)、分裂後の全日本を支えた川田利明選手と和田京平レフェリーである。

ジャイアント馬場=有能なプロモーター


日本の男子プロレス興行は、力道山の日本プロレス一強時代から語られることが普通だ。まず国際プロレスが出現したことで対抗勢力ができる。次いで短命に終わった東京プロレスを経てアントニオ猪木が新日本プロレスを旗揚げ、ジャイアント馬場が全日本プロレスを作ったことで日本プロレスは命脈を絶たれて終焉を迎える。三団体時代になったとき、日本プロレスの伝統を受け継いだのはその全日本プロレスであるとされた。国際・新日本の両団体が成立こそ先だったが後発団体としてアイデア勝負をしなければならなかったのに対し、全日本プロレスは日本プロレスの文化を引き継ぐことが可能だった。外国人のスターレスラーの招聘と、それを前提にした日本テレビの中継である。ジャイアント馬場というレスラーは、団体の花形選手であると同時に、アメリカ・マット界の最大勢力NWAにも太いパイプを持った、やり手のプロレス・ビジネスパースンでもあったとされてきたのである。スタン・ハンセンやファンクスといった証言者がそれを裏付けたことで、ジャイアント馬場=有能なプロモーターというイメージは確立された。

今回の特集はその見方に疑問符をつきつけるものになっている。佐藤昭雄は1980年代前期に馬場に代わってマッチメイカーを務め、ジャンボ鶴田へのエース交替と最大のライバル・天龍源一郎のスター化を成し遂げた人物である。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

「プロレス者が今読むべきは「Gスピリッツ」〈馬場夫妻と全日本プロレス〉」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    最後の一言が違う!みんな安倍のせいw

    1
  • 匿名さん 通報

    2018/07/08 21:51 ターザン山本の毛と共に、どぶに流れて死ね、この売国奴。

    0
  • 匿名さん 通報

    山本小鉄曰く、G馬場とは社長としては素晴らしい人だったが、プロレスラーとしては嫌いな人だった(練習をまったくしない)

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!