ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

ケチと倹約は紙一重! マメさで女性を魅了した真田信之【歴ドル美甘子のラブラブ♡偉人伝】

ライター情報:美甘子

歴っしゅ! 歴ドル美甘子です。
「ラブラブ♡偉人伝」今回のテーマは、「真田信之と小松姫夫婦」です。先日大好評のうちに最終回を迎えた大河ドラマ『真田丸』。主役の真田幸村(信繁)の兄である信之は、幸村の活躍の陰に隠れがちですが、実はとても優秀な人物なんです。信之と小松姫。早速二人のラブラブエピソードを見てみましょう!

真田信之(出典:国立国会図書館デジタルコレクション)


父・本多忠勝譲りの器量を持つ娘「小松姫」


関ヶ原の合戦の少し前、上田合戦において徳川を二度撃退した信之の父・真田昌幸。真田の名が天下に知れ渡ると、敗北した徳川四天王の一人・本多忠勝は、真田家と徳川家に血縁関係を結ばせようと娘の小松姫を真田家に嫁がせることにしました。この結婚、家康自らが小松姫を養女にした上で嫁がせる念の入れよう。徳川がいかに真田を恐れ、取り込みたかったのかが分かります。当時まだ10代の小松姫でしたが、父譲りの素晴らしい器量に加えて容姿も端麗。ただ、武家の女としてプライドも高かったのか、こんなエピソードがあります。

“高嶺の花”には「ちょっと冷たく」がちょうどイイ ♡


家康は小松姫自身に夫を決めさせようと、正室を持たない大名を大広間に集めました。家康の呼びかけにより集まった大名は何事だろう? と畳に頭を付けひれ伏しています。すると小松姫が現れ、一人一人の大名のマゲを掴み、顔を覗きこんでは、「ふむふむ……。」と吟味し始めました。家康の命令で集まっている大名たちは、彼女の無礼な行動に何も言えません…。

ライター情報: 美甘子

愛媛県今治市大三島出身。
歴史上の人物をこよなく愛する歴史アイドル(歴ドル)界の第一人者。
BS12「せいこうの歴史再考」に出演中。

URL:Twitter:@rekish_mikako

2016年12月20日 18時00分