ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

福利厚生は「社長の顔」入りサンドバッグ  殴ってストレス発散、愚痴の代わりに

ライター情報:石原亜香利

社長の似顔絵のついたサンドバッグでストレスを発散する男性社員(c)株式会社 Eyes, JAPAN

近年、福利厚生が充実している企業が多くある。その中でも、福島県会津若松市にある株式会社 Eyes, JAPAN(アイヅジャパン)の福利厚生はちょっと変わっている。例えば、次のようなものだ。

・社内にあるバーのマスターに愚痴を聞いてもらえる
・サンドバッグがある
・アイスクリームブレイクがある

いずれも日々社員が向き合う不満や悩みのニーズを満たす、社員思いの福利厚生といった印象がある。それぞれの福利厚生を設定した目的と実施効果を株式会社 Eyes, JAPANの担当者が答えてくれた。

●社内Bar(バー)「Bar Matroshuca」
マスターに愚痴を聞いてもらう社員たち(c)株式会社 Eyes, JAPAN

「社内の一角には、愚痴をこぼせるBarが存在します。ここにはタブレットPCが置かれ、地元のBarのマスターがカクテルを作る映像が流れています。そのマスターに向かって愚痴をこぼせば、なんとなく気持ちがスッキリするのでは?という弊社代表の考えから生まれました。18時以降は、お酒を飲んでもOKです」

●サンドバッグ「SSS(Shacho Sandbag System)」
社長の似顔絵のついたサンドバッグでストレスを発散する女性社員(c)株式会社 Eyes, JAPAN

「スタッフはストレスが溜まったときに、勤務時間中、いつでもオフィスに吊るされた代表の似顔絵入りのサンドバッグを殴ることができます。
『仕事帰りに飲み屋で上司の愚痴を延々とこぼしているサラリーマンって多いな。気持ちはわかるけれど、空気も悪くなるし、あんまり健康的とはいえない。自分の会社のスタッフにはそれをやって欲しくはない。

関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:ライター 石原 亜香利の公式ブログ

2017年11月21日 12時20分