bit

松戸「ガンダムミュージアム」へ今更行く

       
松戸駅を降りたすぐそこにあるのがこの「バンダイミュージアム」である。この7・8階に「ガンダムミュージアム」が存在します。
エレベータで7階に降り立つと、入り口にいた連邦軍の制服を着た兄ちゃんが大声で口上を喋り始めます。しかし着ている制服が、ガンダムSEEDのではないですか。初代ガンダムのミュージアムのはずなのに!(ガンダムファンでない人にはどうでもいいことかもしれないが、ガンダムファンには許せない)心の中でツッコミつつも、入場料を払って中へ。

最初のコーナーでは模型のコロニーが飾られています。映像端末のようなものがあり、コロニーのCG映像が流れています。コロニーはミラーもちゃんとついていて、中が覗ける仕様。解説文などは松崎健一&氷川竜介両氏が手がけているようで、なかなか読みごたえのある内容です。

コロニーの次は「等身大のザクの頭」。なんでも解説によれば、開戦当時に捕獲したザクの頭、とのこと。ちゃんとそれっぽく弾痕やキズなどもあって、なかなかリアルであります。

そしてガンダムのフレーム、ザクマシンガンの弾などを経て、一番のウリである「上半身の等身大ガンダム」が登場。等身大だけあってさながら大仏のような雰囲気であります。バイトの人が「300円を払うとガンダムのリフトに乗れます!ガンダムの制服も貸します!」と叫んでいました。リフトに乗れば、ガンダム様のお顔がより近くで拝めるというわけです…といっても誰もやっている人はいませんでした。それにしてもここでもガンダムSEEDの制服が入っているのは(以下略)。

ほかにも「オデッサ作戦ジオラマ」「プロモデラー作例」「ザクマシンガン試射コーナー」なんてのもありました。「ザクマシンガン〜」は500円払うとザクマシンガン型のモデルガンを撃たせて貰える、というもの。これはちょっとやってみたかったかな?オタクのお兄さんがバリバリと撃っていました。

等身大のガンダムの周りをぐるりと歩くとミュージアムは終了。正直、雰囲気と満足度では富士急ハイランドにある「ガンダム・ザ・ライド」の方が上かなあ、と感じたのは否めませんが、300円ならこんなもんでしょうか。

なおミュージアムを出るとガンダムグッズのショップとガンダムカフェがあり、ガンプラやガンダムグッズが大量に販売されている。セイラさん&マチルダさんタペストリー、上戸彩ガンプラCMのDVDなどのミュージアムオリジナル商品や、ガンダムに関するマークをプリントしてくるTシャツ販売コーナーなんてのもありました。

ガンダムカフェは想像していたのと違い、わりとちゃんとしたお店でした。すくなくとも以前アキハバラデパートにあったガンダムカフェよりは3倍ちゃんとしています。さすがに「宇宙めし(吉田戦車曰く)」や「マクダニエルのハンバーガー」は用意されていませんでしたが、ガンダムカクテルや「ザビ家の晩餐」なんてメニューがそろっておりました。カフェのカップルシートではガンダムSEED話を繰り広げるカップルがくつろいでおりました…。ううーむ、これがニュータイプのガンダムファンなのか?
(エキサイトニュース編集部 さわだ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2004年1月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。