bit

「しらす」ってどれだけ獲っても不足しないのか?

先日、江ノ島名物である、しらすを使った「しらすビール」も紹介したが、とにかく江ノ島といえば、しらす。いたるところに「(生)しらす丼」の看板がある。ご存じの方も多いと思うが、しらすとはイワシの稚魚のことである。

しかし、一杯のしらす丼に入っている稚魚の数は相当なものだ。数百は確実で、ヘタしたら数千くらい入っていそうな気がする。どうしてそんなに稚魚が獲れるのか? そんなに獲っても平気なのだろうか? うーん、ちょっと考えてみたが、わかりそうにない。

そこで、しらすビール製造元でもある、しらす料理専門店「とびっちょ」に、しらすについて訊いてみることに。
「主に、生まれてから1〜2カ月のイワシの稚魚をしらすと呼んでいます。イワシにも種類があって、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシなどが有名ですね」
世界的にはなんと300種類以上ものイワシが存在しているという。成魚になるには、1年〜3年ほどかかるのだとか。

それにしても、しらすは江ノ島に限らず、全国のスーパーでも大量に売られている。これだけ獲っても、しらすが不足しないのが不思議なのだが……。
「いえ、今年は不漁の日もありますよ」
特に、とびっちょで提供している生しらすは、その日に獲れたしらすだけを使っているため、提供できない日もあるのだそう。どうやら、「しらすはいくらでも獲れる!」というのは私の勝手な思い込みだったようだ。ちなみにイワシは一度に数千〜数万粒を産卵し、そのなかで成魚になるのは、1%以下というわずかな確率。

そんなしらす、味のおいしさはもちろんのこと、
「カルシウムが豊富なので、しらすを食べればイライラしなくなると言われているんですよ」
という嬉しいポイントも。ただ、生のしらすは鮮度が落ちやすいのも特徴。一般的には、釜揚げやたたみいわし(しらすを干したもの)が出回っている。

とはいえ、一度は食べておきたい生しらす。とびっちょでは常時販売ではないものの、冷凍生しらすの通販も可能。まだ生しらす未体験の方、ぜひ一度試してみては?
(古屋江美子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年7月1日のコネタ記事
「「しらす」ってどれだけ獲っても不足しないのか?」の みんなの反応 1
  • しらす漁 通報

    しらすは旨いけど結局子供を取りすぎて親が不漁になってませんか?

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。