「デスノート Light up the NEW world」佐藤信介監督インタビュー 死神と人間が紡ぎ出す機微を映画的に描く

「デスノート Light up the NEW world」佐藤信介監督インタビュー 死神と人間が紡ぎ出す機微を映画的に描く
「デスノート Light up the NEW world」佐藤信介監督インタビュー 死神と人間が紡ぎ出す機微を映画的に描く
2006年に公開された映画『デスノート』と続く『デスノート the Last name』、そして主人公キラのライバルとして登場したLにスポットを当てたスピンオフ映画『L change the WorLd』。この3作合計の興行収入は約112億円超えの大ヒットを記録した。それから10年。実写映画として製作された3作の正統な続編として映画『デスノート Light up the NEW world』が発表された。出演は東出昌大、池松壮亮、菅田将暉。夜神月(キラ)とLのデスノートを巡る物語のその後を全く新しい登場人物で完全新作が描かれるということが発表されるなり大きな話題となった本作が、劇場公開された。
この度アニメ!アニメ!では監督を務めた佐藤信介氏に話をうかがった。映画『GANTZ』シリーズ、映画『図書館戦争』シリーズ、映画『アイアムアヒーロー』など、人気原作を一級品の映画作品へ仕上げる優れた手腕を持った監督だ。その佐藤監督が、どのように『デスノート』に挑んだのか、じっくりと聞いた。
[取材・構成:細川洋平]

「デスノート Light up the NEW world」
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

――大ヒットとなった前作から時間も経っての企画となりました。企画の話を聞いた時はどのように感じられましたか?

佐藤
企画を聞いたのは3,4年前でした。前作の『デスノート』シリーズの佐藤貴博プロデューサーは僕の監督作品でもある『GANTZ』のプロデューサーもやっていたんです。『GANTZ』という大きな仕事を終えた後、次はオリジナルで何かやろうかと考えていた時に、「数年後に来る映画『デスノート』の10周年に合わせて、もう一回『デスノート』を作るのはどうだろうか」という話が佐藤プロデューサーからあって。最初に聞いた時は「え?!」と驚きましたが、前作の結末が結末なので、その続きということはほとんどオリジナルになる。僕ら

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. デスノート アニメ
  2. デスノート ドラマ
  3. デスノート 映画
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年11月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「デスノート + 映画」のおすすめ記事

「デスノート + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「デスノート + 漫画」のおすすめ記事

「デスノート + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「この世界の片隅に」のニュース

次に読みたい関連記事「この世界の片隅に」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。