スマホ決済の統一コード「JPQR」には、“元ネタ”があった!

スマホ決済の統一コード「JPQR」には、“元ネタ”があった!
 【なぐもんGO・35】 キャッシュレス推進協議会が策定したコード決済の統一規格「JPQR」によって、店舗でのレジ業務の複雑化に歯止めがかかった。各社の規格がバラバラのままでは、個別のシステム開発や異なる処理が必要になり、決済サービスの増加に比例して手間も増えるところだった。一斉に導入されたJPQRだが、一団体のトップダウンで生まれた規格ではない。原型は、JCBの「Smart Code」だった。

●Smart Codeの誕生
 Smart Codeは、複数のコード決済事業者と店舗をワンストップでつなぐ枠組み。消費者がどのコードを提示しても、対応する決済サービスなら全て同じ手順で処理できる点が最大の特徴だ。レジスタッフの作業がシンプルになり、導入店舗、消費者の双方にとっても嬉しい仕組みといえる。Smart Codeは、どのようにして生まれたのだろうか。
 ジェーシービー ブランド事業統括部門モバイルペイメント部Smart Code室の川口潤室長は、「2016年頃からSmart Codeの構想を練っていた。当時は、インバウンド需要を見据えた事業で、海外で流行っているQRコード決済に、いかにスムーズに対応できるか、安全・安心に利用できるかを考えていた」と振り返る。
 ところが、17年になると「○○Pay」と称されるスマートフォンスマホ)決済サービスが登場し、あっという間に乱立の兆しを見せ始めた。「それまではLINE PayやOrigami Pay、Alipay、WeChatPayなどの決済サービス対応に主眼を置いていたが、状況が変わった。あまりにも○○Payサービスが増えて、消費者や加盟店が不安を抱え始めたことも伝わってきた」(川口室長)。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年9月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら