トヨタ「レクサス」ミニバン版登場、なぜ日本では発売されない?超ラグジュアリーな全貌

 トヨタ自動車が誇る高級車ブランドの「レクサス」。北米では1989年、日本では2005年から展開されており、今年2月には、全世界での累計販売台数が1000万台の大台に到達したことが発表された。

 そんなレクサスは、“ラグジュアリー・セダン”を意味する「LS」を筆頭に、ハッチバックとSUV、クーペがラインナップされている。だが、今年4月に開かれた上海国際モーターショーにてブランド史上初となるミニバンタイプの「LM」(ラグジュアリー・ムーバー)がお披露目となり、新たな話題を呼んでいるのだ。

 レクサスLMには2列シート4人乗り、3列シート7人乗りという2つの仕様が用意され、前者は1列目と2列目が、26インチもの大型液晶モニターを内蔵したパーティションで仕切られている。さらにはワインなどを冷やしておける14Lの冷蔵庫が設置されているほか、後部座席にはマッサージ機能も備わっているため、至れり尽くせりな乗車体験が約束されているといえるだろう。

 もっとも、中国や東南アジアでは来年の前半に発売される見込みだが、現時点で日本に導入する予定はないとのこと。そこにはいったい、どういった事情があるのだろうか。レクサスLMをめぐる状況について、自動車ライターの工藤貴宏氏に話を聞いた。

レクサスLMのターゲットは富裕層だが、中国と欧米では文化の違いも

「私がレクサスLMを見たときの第一印象は、まずフロントグリルの迫力でしょうか。レクサスLMは、同じトヨタの高級ミニバンである『アルファード』と『ヴェルファイア』が車体のベースになっているのですが、そのフロントグリルの高さは、従来のレクサスLSの約1.5倍。しっかりと高級感を打ち出しています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら