明石家さんま、ついにお笑い界トップ陥落の兆候…日テレ変調、人気番組の視聴率低下

 8月18日の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の視聴率にホッと胸をなでおろした関係者もいたことだろう。14.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、久々に高視聴率をマークしたからだ。裏でしのぎを削っている『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)は11.8%だったので、『DASH』が3.1ポイント差ではねのけたことになる。

「日曜夜7時台の視聴率を独占してきた『DASH』ですが、最近はジリ貧が続いています。11日の視聴率は『DASH』の12.7%に対し、『ナニコレ』は12.3%。4日は『DASH』13.6%に対し、『ナニコレ』11.8%。7月28日は『DASH』が12%に対して『ナニコレ』が12.8%と、ほぼ互角の戦いをしているのです。

 思えば2016年秋、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が『日曜もアメトーーク!』として日曜のゴールデンタイムに進出し、古舘伊知郎の2時間レギュラー『フルタチさん』(フジテレビ系)が始まるなど、『DASH』の裏番組に新興勢力が揃いました。当時、メディアは『DASH包囲網』などと書き立て、その危機を煽ったのですが、他局の番組がいずれも撃沈。すると、日テレ関係者がネットのインタビュー記事で『DASH包囲網なんて言われてましたけど、むしろ盤石です』などと余裕のコメントをしていましたが、今となっては逆に笑えますね」(テレビ局関係者)

 気になるのが、『DASH』の不振の原因だ。一時は盤石だったはずの『DASH』は、なぜ数字を落としているのだろうか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

明石家さんまのプロフィールを見る
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュース

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュース

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。