日産デイズ&三菱eKシリーズがスズキ・ワゴンRに“劣る点”とは

●どんなクルマなのか?

 日産自動車「デイズ」&三菱自動車「eK」シリーズは、日産と三菱が共同で開発した軽自動車です。両車とも基本部分を共通化した姉妹車になります。全高が1600~1700mmに収まるため、ライバル車はスズキ「ワゴンR」やダイハツ工業「ムーヴ」です。

 現行型は2019年3月に登場したので、軽自動車の中でも設計が新しいです。特に緊急自動ブレーキを作動できる安全装備と運転支援機能が先進的で、注目を集めています。

●人気を得ている理由

 今は軽自動車の人気が高く、新車として売られるクルマの40%近くを占めます。この中でも、全高が1600mmを超える背の高い車種が軽乗用車全体の約80%に達します。従って、デイズ&eKシリーズは売れ筋カテゴリーに属するわけです。

 三菱ブランドの「eKクロス」は、フロントマスクをSUV風に仕上げ、三菱の「デリカD:5」や「エクリプスクロス」に似たデザインにしました。デイズとは違う、SUVの三菱らしい特徴を持たせています。

●気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★☆☆

 車内は広く、前後席ともに頭上と足元には十分な空間があります。座り心地は前席は快適ですが、後席は悪いです。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★☆☆

 荷室は広いですが、後席の前後スライドは左右一体式で独立していません。シートアレンジが不満です。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 ななめ後方の視界は今一歩ですが、前方は見やすいです。最小回転半径も4.5mに収まり、運転しやすいです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 ノーマルエンジンも実用回転域の駆動力に余裕があり、加速力に不満はないです。背が高いわりに安定しています。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★☆

 乗り心地は低速域では硬めですが、軽自動車では優れた部類に入ります。内装の質も小型車と同等に高いです。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 デイズ・ハイウェイスターXプロパイロットエディションのJC08モード燃費は28.6km/Lで、エコカー減税車です。

(7)安全装備の充実度

★★★★★

 歩行者も検知できる緊急自動ブレーキと、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなどが備わります。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、マイルドハイブリッドなどを備えるわりに価格は安いです。

●選ぶときに確かめたい3つのメリット

・運転支援機能のプロパイロットにより、軽自動車でも長距離移動が快適です。

・内装が上質で、オプションによりインパネにステッチ(縫い目)も入ります。

・ノーマルエンジンは実用域の駆動力が高く、回転感覚もなめらかで静かです。

●後悔しないための3つの要チェックポイント

・後席は座面が短く、柔軟性も乏しいです。足を投げ出す座り方も不満です。

・後席はアレンジが単純で、背もたれを倒しても広げた荷室に段差ができます。

・乗り心地が硬めに感じます。ターボエンジンは回転感覚が粗い印象です。

●こんなユーザーにおすすめ

 背の高い軽自動車なので後席にも十分なスペースがありますが、前席と違って座り心地が悪いです。大人4名で乗車するなら居住性を確認しましょう。ただし、後席にチャイルドシートを装着するなら座り心地が悪くても問題ありません。

 前席は快適でノイズも抑えられ、プロパイロットを選べば全車速追従型クルーズコントロールも備わります。運転感覚が総じて上質になるため、快適な軽自動車を求めるユーザーに適しています。

●今後のモデルチェンジ予想

 現行デイズ&eKシリーズは19年3月に発売されたので、当分の間は大きな変更を受けません。ただし、特別仕様車は設定されるでしょう。また、さらに背の高いボディとスライドドアを備えたデイズルークス&eKスペースは20年に登場すると思われます。

●最近の販売状況と安く買うための商談方法

 デイズは日産、eKシリーズは三菱の主力車種です。ディーラーの店舗数は、日産が約2100カ所、三菱が約460カ所ですから、販売台数はデイズが多いです。 購入時には、ワゴンRとムーヴを相手に値引き額や下取り車の売却額を競わせると良いでしょう。ディーラーローンを使う場合は、ライバル車と条件を合わせて、金利や月々の支払い額も比べましょう。

●リセールバリュー/数年後に売却するときの価値

 設計が新しく、緊急自動ブレーキや運転支援機能も充実しているので、好条件で売却できるでしょう。3年後の売却額は新車時の50%前後です。eKクロスがデイズとは違うフロントマスクを採用してSUV感覚に仕上げたことも、売却時にはメリットになります。

●これが結論!/このクルマの総合評価&コメント

★★★★☆

 先代型は、動力性能、走行安定性、乗り心地に不満を感じましたが、現行型はこれらの欠点を払拭させました。乗り心地は少し硬くても粗さはなく、加速力や安定性は背の高い軽自動車の中では優れた部類に入ります。さらに安全装備を充実させ、運転支援機能も全車速追従型クルーズコントロールなどを備えますから、メカニズムも先進的です。

 ただし、後席と荷室には注意しましょう。後席は柔軟性が乏しいため座り心地が悪く、床と座面の間隔も足りないので、足を投げ出す姿勢になります。これでは快適とはいえません。

 また、後席と荷室のアレンジも単純です。その点で、ライバル車のワゴンRは後席の前後スライドやコンパクトに畳む機能を左右独立式にしながら、座り心地にも不満はありません。ワゴンRに比べて、デイズとeKシリーズの後席は明らかに見劣りします。従って4名で乗るなら後席の入念な確認が必要ですが、2名乗車で後席にチャイルドシートを装着する使い方なら、満足度は高いです。

 推奨グレードは、デイズがハイウェイスターXプロパイロットエディション(156万7080円)、eKクロスはG(155万5200円)です。価格は近いですが、デイズはプロパイロット、eKクロスは寒冷地仕様を標準装着するなど、機能と装備がそれぞれ異なります。デイズとeKクロスを購入の候補に挙げて、デザイン、機能、価格などを比べて選ぶ方法もあるでしょう。
(文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年6月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。