セレブたちが思いきったドレス姿で参加するファッションの祭典「メットガラ」。今年会場で注目を集めた豪華ルックを振り返る。



【フォト特集】<メットガラ 2023>セレブたちの豪華ルックを一挙見!

 毎年5月の第一月曜日に、米ニューヨークのメトロポリタン美術館を舞台に開催されるファッションの祭典「メットガラ」。例年、定められたテーマを元に豪華ファッションに身を包んだセレブたちがメトロポリタン美術館の大階段でポーズを取り、大きな注目を集める。今年は、2019年に亡くなったカール・ラガーフェルドの功績を称え、「カール・ラガーフェルド:美のライン」をテーマに開かれ、セレブがそれぞれ個性的な装いで名匠をトリビュートした。

■初参加のジェナ・オルテガらキュートなルックで登場

 Netflixのドラマ『ウェンズデー』で大ブレイクのジェナ・オルテガは、今年初めてメットガラに参加。ウェンズデーを思わせるプレッピーとゴスの融合したトム・ブラウンのルックで会場を魅了した。

 同じく初参加のBLACKPINKのジェニーは、アンバサダーを務めるシャネルのカメリアがキュートなヴィンテージミニドレスに身を包み登場。


 カール・ラガーフェルドのミューズとして知られるペネロペ・クルスは、シャネルによるペールブルーのボールガウンで名デザイナーをトリビュート。幾重にも重ねられたフルボリュームのスカートと、スパンコールやパール、ジェムストーンをあしらった刺繍が繊細なデザインで、銀刺繍を施したシルクオーガンザのフードが美しいペネロペの顔を覆った。

 エル・ファニングは、ヴィヴィアン・ウェストウッドの白いレースのドレスの上に黒いボレロジャケットを羽織り、フラワーモチーフのヘッドピースと花束でボーホースタイルを実現。可憐なルックで魅了した。

■今年も斬新なルックに視線集中!

 毎度キレッキレのファッションで注目を集めるフローレンス・ピューは、カットアウトがきわどいモノクロのドレスに、ヴァレンチノのヘッドピースを合わせて登場。羽飾りのあしらわれた大きなヘッドピースに合わせ、クールにシェーブされたバズカットのヘアを披露した。
ボリュームあるドレスとミニマルなヘアの対比が潔く、フローレンスの力強い美しさを強調した。

 リル・ナズ・Xは、ボディをシルバーでコーティングし、クリスタルを散りばめた圧巻のルックで参加。シルバーやパール、ダイアモンドで埋め尽くされたフェイスマスクで顔を覆い、代わりに鍛えた筋肉やお尻を披露。アンダーウェアとブーツ、マスクをすべてシルバーで揃え、統一感を演出。メイクアップアーティストのパット・マクグラスの手によるもので、5000個のストーンと21万8784個のスワロフスキーを使用したそうだ。

 そして、会場をあっと驚かせたのが、ジャレッド・レトとドージャ・キャットの猫ルック。
カール・ラガーフェルドの愛猫シュペットに扮することで、名匠をトリビュートした。

 その他、俳優のジェレミー・ポープは、約9メートルもあるカール・ラガーフェルドの顔をモチーフにしたケープを纏い、参加。ジャネール・モネイは、トム・ブラウンによるビッグサイズのブレザールックで登場し、大階段の上でアウターをオフ。アンダーウェアの透けるシースルーのクリノリン風ドレスに大胆チェンジした。

■メットガラ常連組の装いは?

 スーパーボウルで第2子を授かったことをお披露目したリアーナとエイサップ・ロッキーは、メットガラにも手をつないでカップルとして参加。これまでも圧倒的なドレスでメットガラの歴史に残るルックを披露してきたリアーナは、大輪のカメリアがデザインされたヴァレンティノの白いドレスで登場。
エイサップ・ロッキーはカールのアイコニックなルックをトリビュートし、グッチによる黒のブレザーと白のシャツに黒のタイを合わせ、キルトを身に着けてリアーナをエスコートした。

 ヴェルサーチェのアンバサダーに就任したアン・ハサウェイは、ツイードでカール・ラガーフェルドに敬意を表し、ヴェルサーチェのアイコンである全身にカットアウトを施したドレスで参加。会場では、背後に現れた猫姿のジャレッド・レトにびっくりしたのち再会を喜びハグをする姿もキャッチされた。

 例年ネイキッドドレスで注目のケンダル・ジェンナーは、スパンコールがあしらわれたマーク・ジェイコブスのレオタードをチョイス。ボディは覆われているものの、今年はハイレグカットから美しいシェイプのお尻と美脚を露わにした。

 他のイベントではなかなか見られない、思いきったデザインのドレス姿を楽しめるメットガラ。
名デザイナー、カール・ラガーフェルドに敬意を表しつつ、今年も期待を裏切らないルックを楽しませてくれた。