パフォーマンス・キャプチャー技術に驚き!『アリータ』メイキング映像大公開

パフォーマンス・キャプチャー技術に驚き!『アリータ』メイキング映像大公開
『アリータ:バトル・エンジェル』メイキングより(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
 巨匠ジェームズ・キャメロンが製作・脚本を務める『アリータ:バトル・エンジェル』より、VFXの最新技術によって主演のローサ・サラザールがサイボーグ少女・アリータに生まれ変わる過程を捉えた特別メイキング映像が到着した。

【写真】『アリータ:バトル・エンジェル』フォトギャラリー

 本作は、木城ゆきとの漫画『銃夢』をキャメロンの製作・脚本で映画化。監督はロバート・ロドリゲスが務める。“支配する者”と“支配される者”の2つに分断された世界を舞台に、サイバー医師・イドによって再生されたサイボーグ少女・アリータの成長を描く。

 特別映像でキャメロンは「WETAと『アバター』を作った時にアリータを描けると確信した」と述べ、10 年以上前『アバター』(2009年)を製作した頃から、VFX制作会社WETA デジタルの技術があれば、原作の世界を再現できると確信したと振り返る。

 一方、キャメロンと共に『タイタニック』『アバター』など数多くの大作をプロデュースしたジョン・ランドーは「『アバター』の舞台は架空の惑星だから、リアルな必要がなかった。だが、アリータは地球上に現れる。クリストフ・ヴァルツと並んで立っても、不自然に見えないようにした」と語り、本作では実写とCGIの融合が最大の課題だったことを明かす。だが、映像でも確認できるように、役者の表情まで捉えるパフォーマンス・キャプチャー技術により「実写とCGIを1つのフレームで完全に融合させることができたと自負している」と、ランドーは自信を示す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年2月23日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マーティン・スコセッシ」のニュース

次に読みたい関連記事「マーティン・スコセッシ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ピーター・ジャクソン」のニュース

次に読みたい関連記事「ピーター・ジャクソン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。