深川麻衣、『婚姻届に判を捺しただけですが』Paraviスピンオフに主演

深川麻衣、『婚姻届に判を捺しただけですが』Paraviスピンオフに主演
拡大する(全1枚)

 女優の清野菜名がヒロイン役を演じ、俳優の坂口健太郎と共演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系/毎週火曜22時)のスピンオフとなる、Paraviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』の配信が決定し、女優の深川麻衣が主演することがわかった。

【写真】Paraviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に 判を捺したいだけですが』で主演を務める深川麻衣

 「フィール・ヤング」(祥伝社)連載中の有生青春による同名漫画をドラマ化する“不意キュン”必至の偽り夫婦コメディー『婚姻届に判を捺しただけですが』。独身を謳歌している27歳のデザイナー大加戸明葉役の清野と、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、出会ったばかりの女性に偽装結婚を申し込む、広告代理店に勤める30歳の百瀬柊役の坂口が共演し、そのほか、倉科カナ高杉真宙前野朋哉中川翔子笠原秀幸小林涼子森永悠希、長見玲亜、岡田圭右、木野花、田辺誠一が脇を固める。

 そんな本編に、柊が勤める広告代理店「秀伝堂」の受付嬢・麻宮祥子役で出演する深川。Paraviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』では、本編冒頭で柊に偽装結婚を持ち掛けられ怒った祥子を主人公に、その後結婚相手探しに奔走し、自分にとっての“本当の幸せ”を見つけるまでの物語が描かれる。

 可愛らしいビジュアルを生かし、要領良くしたたかに生きてきた祥子。結婚相手は愛よりも高スペックという条件を譲らず、安定した収入と問題ない人間性、外見は良いに越したことはない、というポリシーを持っていたのだが、百瀬から偽装結婚のプロポーズをされた祥子は、バカにされていると激昂し即座にプロポーズを断ってしまう。しかし、後から考えれば、自分の理想とする結婚相手として百瀬はぴったり。「別に結婚だけがすべてじゃないし! でも寂しいのはイヤ…」と、結婚相手探しに奔走する祥子だったが―。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

深川麻衣のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「深川麻衣」に関する記事

「深川麻衣」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「深川麻衣」の記事

次に読みたい「深川麻衣」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク