bit

チョコレートを食べているように見せかけるトランプ

チョコレートを食べているように見せかけるトランプ
『ガーナミルク』に見せかけているが、実はトランプ。
“世を忍ぶ仮の姿”とは、なんとカッコいい響きだろう。町奉行に勤める冴えない同心を演じる、中村主水(時代劇・『必殺仕事人』)。冴えないダメ社員を演じているが、実は特命係長の只野仁(ドラマ・『特命係長・只野仁』)。

そして、ここに“チョコレート”という仮の姿を装う“トランプ”がある。それは、株式会社ビバリーから発売された「本物そっくり!! お菓子トランプ」シリーズの『チョコレートトランプ』のこと。

この商品は、株式会社ロッテの定番板チョコレート『ガーナミルク』と『クランキー』をモチーフにしたトランプ。パッケージからして食品売り場に並ぶ商品のイメージ。パッケージもそうだが、カードのバック(裏面)が本物の板チョコそっくりにデザインされている。サイズも73×160ミリと本物に近い大きさ。トランプとしてはちょっと大きいが、人目を引くので目立ちたがり屋にはピッタリの商品。

元々、同じ「お菓子トランプ」シリーズとして、ロッテのガムをモチーフにした『ガムトランプ』(税込価格682円)が発売されていた。こちらの商品は『グリーンガム』、『クールミント』、『ブラックブラック』の3種類で、サイズが30×92ミリとトランプとしてはちょっと小さめ。

このトランプを開発したキッカケは、行楽地に持って行き、渋滞中の車内や電車内で楽しめる小さいトランプを開発したかった、という思いから。
だが、従来品の半分くらいの大きさのトランプは海外からの輸入品ですでに存在する。それに、ただ小さいだけじゃつまらない。そこで、「デザインをデフォルメしよう!」となった。さらに「行楽と言えば、ガムだ」と思いつく。“キャラメル”という案もあったが、それじゃトランプにできないので、ガムに決定。

あわせて読みたい

  • キュートな「明治パズルシリーズ」に夢中

    キュートな「明治パズルシリーズ」に夢中

  • 大阪弁を教えてくれたり、大喜利を試してきたりするトランプたち

    大阪弁を教えてくれたり、大喜利を試してきたりするトランプたち

  • コネタの記事をもっと見る 2009年5月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース