bit

ケータイ電話のカレンダーの果てはどこまで?

ケータイ電話のカレンダーの果てはどこまで?
2060年の正月は4日で終わりで物足りない。
私はケータイのカレンダー機能をよく使う。スケジュールを書き込める手帳を持ち歩くのに憧れ、何度か購入してきたが、そのたびに、持っていくのを忘れたり、持っていること自体を忘れたりして少しも使いこなせない。ほとんど書き込まないまま部屋に片隅に置いてある。

そんな人間にとって便利なのがケータイのカレンダー機能。ケータイは持っていくのを忘れることがあまりないので、何かあればささっと記録しておくことができる。友達の誕生日を教えてくれたりもするし、とにかくできる奴だ。

円滑な生活の友、ケータイのカレンダー機能だが、ある時、「来年、再来年の連休はどれぐらいあるんだろう……その次の年は?」と果てしなく未来の連休を追いかけるバカな時間を過ごしていると、カレンダーに終わりがあるのに気がついた。しかも友達のケータイで試してもらったところ、カレンダーの長さが違うのだ。

私のケータイのカレンダーは「2060年12月31日」までとなっている。あと51年!? は使える。一方、友人のカレンダーは「2030年12月31日」まで。差があるものだなーと思い、周りに聞いてまわったところ、以下のようになった。

2015年12月31日(SoftBank 912T)
2020年12月31日(au W61CA)
2030年12月31日(SoftBank 822SH)
2037年12月31日(Docomo SO705i)
2037年12月31日(Docomo P705i)...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年8月20日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース