bit

「あの番組っていつやってたっけ?」にズバリ応える 「ザ・テレビ欄」

「あの番組っていつやってたっけ?」にズバリ応える 「ザ・テレビ欄」
日本のテレビ50年の変遷と、僕たちのあの頃の記憶がこの三冊に詰め込まれている。
ネットの普及により新聞を購読する家庭が少なくなったといわれるが、かつて家のテーブルの上に新聞が置いてあるのが当たり前だった頃、その新聞はかなり高い確率で、最終面を表に逆折りにしてあったはずだ。そう、その日どんな高尚なニュースが載っていようと、われわれ昭和の子供たちが新聞を必要とした最大の目的は、一番後ろのテレビ欄に他ならなかった。何時から何チャンネルで何をやっているか、このテレビ欄さえ見ればすべて書いてあり、クラスの友だちのほとんどがそれを記憶し、夕方の楽しみに思いをはせながら学校に行っていたものだ。

そんなあの頃の時間の地図ともいうべきテレビ欄のみを時代順に網羅した『ザ・テレビ欄』(ティー・オーエンタテインメント)という本が話題になっている。今年春に出した第1弾では、1975年から1990年までの15年間分を集める形で発売するや、この時期に子供時代を過ごした30~40歳代から団塊の世代を中心に大きな反響を呼んだ。そして6月に1991年から2005年までの分を掲載した『ザ・テレビ欄II』も発売、さらにこのほど、テレビ草創期の1954年から1974年までをカバーした『ザ・テレビ欄0』が矢継ぎ早にリリースされた。

本の構成は、年代順に並んだ新聞のテレビ欄をずらりと掲載したところに、ポイントとなる番組を短く解説を加え、その年ごとの傾向を微妙なツッコミを加えながらひもといていくという形。掲載されているテレビ欄は各年ごとの番組改編期に当たる4月と10月の第2週目の全曜日のもの。これはこの時期に多いスペシャル番組が多発する第1週を外し、できるだけ日常のテレビ習慣を思い起こしてもらおうという狙いからだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年9月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース