bit

デジカメは高画素数=高画質とは限らない

デジカメは高画素数=高画質とは限らない
撮像素子サイズの比較。これに1200万画素も詰め込むのは……。<br />※モニタ環境がWindows標準の96dpiなら原寸大。
値段も安くなり、簡単に綺麗に撮れるということで、カメラに興味がなくても、コンパクトデジタルカメラを持っている知人が増えた。持っていない人のほうが少ないくらいだ。
各メーカーの最新機種・主要ラインナップをみると、「1000万画素」「12メガピクセル」と、”高画素数”のコンパクトデジカメがずらり。携帯電話のカメラも高画素なものが増えている。1000万画素もあれば、印刷するにも、データとして使うにも、十分なサイズ。
もう高いカメラを買わなくても、安くて高性能なカメラで十分といったことだろうか?

この前、一緒に旅行に行った友人から、写真データを500枚ほどもらったが、データコピーにかなり時間がかかった。それもそのはず。彼のデジカメは1000万画素で、1枚あたり3~5MBもあるからだ。
しかし、その写真を見てみると、なんだか違和感が。ノイズが目立つ、とても画質が悪い写真が多いのだ。その友人は「十分綺麗だと思うんだけど……」と言っており、筆者が画質に神経質すぎたのかもしれないが、筆者の別の機種(コンパクトデジカメ)で撮った同じ場面の写真と比べても、明らかに画質が悪い。
画質を犠牲にするかわりに、ブレずに撮れる「高感度モード」かと思い、写真データの撮影情報(Exif)を見たものの、高感度にはなっていなかった。
では、1000万画素もあるのに、なぜ画質が良くないのか。その後、その友人からカメラを借りて色々調べたが、どうもそれはそのカメラの性能。そして、カメラ好きの仲間とよく言っていた「やはり安いコンパクトじゃ性能に限界がある。レンズが小さいこと、撮像素子が小さいことは致命的な問題だ」ということを思い出した。

あわせて読みたい

  • デジカメ写真の画質の不満なところ

    デジカメ写真の画質の不満なところ

  • ルミックスの個人認識AFの実力

    ルミックスの個人認識AFの実力

  • デジカメ「笑顔認識」でシャッターが押せない人

    デジカメ「笑顔認識」でシャッターが押せない人

  • なぜ、最近のカメラは手ブレしないのか

    なぜ、最近のカメラは手ブレしないのか

  • コネタの記事をもっと見る 2010年1月27日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース