bit

月明かりでも明るい写真が撮れる凄いアイテム

       
暗い場所で写真をうまく撮るのは、とても難しい。経験したことのある人ならわかるだろう。ブレたり、ほとんど真っ黒だったりして……。そこで、最近は手ブレ補正や超高感度撮影といった機能を搭載したデジカメが増えているわけだが、それらよりも暗い場所の撮影がとてつもなく得意なアイテムがあるという。果たしてどんなものだろうか。

それは、『アストロスコープ・ナイトビジョン』(米エレクトロフィジクス社製、国内販売・駒村商会)と言う製品で、月明かりや星明かりでのシーンでも、明るく解像度の高い画像を簡単に撮影できるそうだ。カメラ本体とレンズの間に装着して使用する。

一般的な撮影方法としては、ISO感度800以上、シャッタースピード1/30秒、絞り開放、ストロボ・各種カスタムセッティングをオフにする。また、ピント合わせはマニュアルに設定。
すると、僅かな光でもグリーン単色の画像を写し出す(カラーでないのが残念)。

どうして、ほぼ暗闇の中で撮影が可能なのか。
「まず、撮影レンズを通った僅かな光がアストロスコープ内部の蛍光増倍管に送られ、光量子を電子に変換します。そこで変換された電子を増幅。そして、増幅された電子が光電陰極にぶつかると、明るいグリーンの画像が形成されるのです」(駒村商会)
つまり、僅かな光を電気的に増幅して像を写し出すので、全くの暗闇では撮影できないわけだ。

こんな凄いアイテムを一体誰が使うのだろう。
「国内ではテレビ局、新聞社、出版社、官庁関係など。用途としては、夜行性動物の観察やドキュメンタリーなどでしょうか」(同)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年5月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。