bit

鎧をモチーフにしたジーンズ

鎧をモチーフにしたジーンズ
京都が持つ技術を活かし、鎧をイメージさせるジーンズを。
鎧。言うまでもなく、戦いに赴く時に身にまとう戦闘服。
ジーンズ。元々は、労働者の作業服として開発された衣服。

両者が、ある意味“融合”された。デニムブランド「京都デニム」が、7月下旬より『鎧をモチーフにした、京都デニムメンズジーンズ』なるデニムパンツを発売する。

画像を見ていただきたいのだが、柄が鎧。パッと目に付くのは、「襷菊菱(たすききくびし)」の紋様である。両脚の脇には7枚のデニム生地を重ね、腰回りを守る「草摺(くさずり)」をイメージさせてみせた。

“戦国時代”を現代社会のファッションライフに落とし込んだ、見事な着地点ではないか。しかし、どうしてこんなことを? ぶっちゃけ、変わったコンセプトだと思うのだが。
「毎日、着れる“鎧”がほしかったんです」(担当者)
単純明快! 元々、同社は着物など“日本の衣装”を作っている会社で、4~5年前から鎧をモチーフにしたジーンズを作りたいと思っていた。

ただ、その際の注意点がひとつ。それは、「コスプレのようにはしない。甲冑の形を模しただけのデザインにはしない」というもの。
だからこそ、持ち前の技術を駆使した“履き心地”と、細部のディテールにこだわった“カッコよさ”に重きを置いている。

何しろ、使われている生地は別注。岡山から生地を取り寄せ、旗屋に依頼して織り、染める。「染め」の技術も、着物で言えば家紋を入れる方法を採用。ブリーチだと生地を傷めてしまうため、わざわざ手作業で施している。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年7月26日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース