『銀河鉄道999』に出てくる食べ物といえば、なんといってもステーキとラーメン。以前、『アニめし』の記事を書いたときに、憧れのメニューとして思い浮かべていた方も多いのでは? 999の世界ではラーメンは「幻の食べ物」であり、出回っているのはおもに「合成ラーメン」。本物は密輸品でしか食べられないという設定になっていた。「合成ラーメンだけどおいしいや!」なんていう鉄郎のセリフもありましたっけ。

先日、福井県・敦賀市にある松本零士ワールド全開の商店街、“モニュメントロード”のことをお伝えしたが、そんな999の世界観を楽しめるこんなおみやげを発見した。なんと! 零士先生オリジナルの絵がパッケージに使われたインスタント麺である。敦賀にある『一力』という人気ラーメン屋さんが地元企業と共同でつくっているもので、メーテルと鉄郎がどんぶりを手においしそ~にラーメンを食べている姿になんともそそられる。

『一力』店主の菅井宏治さんにお話を伺ってみたところ、もともと同店では家庭で手軽に『一力』の味を楽しめるインスタント麺の開発をすすめていたのだが、モニュメントロード絡みでこの“999バージョン”のパッケージをつくることになったのだとか。販売をスタートしたのは2008年の秋頃からだそうだ。

オリジナルの絵を依頼したのは2007年頃だったそうだが、零士先生がお忙しかったこともあって、話を持ちかけてから一年くらいは音沙汰がなかったのだそう。そこで、先生に同店のラーメンを食べていただく機会をつくったところ、たいそう気に入られたらしく、3日後には下絵が送られてきたのだそうで……。