review

パーティーのお土産決定版!『美味しんぼ』96巻の“アレ”を再現してみた

パーティーのお土産決定版!『美味しんぼ』96巻の“アレ”を再現してみた
青カビ系などクセや塩気の強いチーズとの相性は抜群。ワインやスパークリングだけでなく、じつは辛口の日本酒や焼酎のつまみにもなる万能選手
持ち寄りの宴席も増えるこれからの季節。でもハレの宴席となると何を持って行ったらいいのやら……。そんな悩みを解決してくれるマンガと言えば、やはり名作『美味しんぼ』! どんな難問も“食”で丸く収めてしまうこの作品ならきっとこの難問も解決してくれるはず。しかも原作はグルメで知られる雁屋哲先生! 高級感あるハレの料理も載っているに違いない!

ちょうど先日、「新婚さん」となったエキサイトレビューライターのはたなおこさん(&ご主人)の新居で引っ越し祝いをやることに。そこで早速『美味しんぼ』のページをめくり返してみたところ「これは!」というメニューに巡り会うことができました。96巻「チーズの伴侶」に載録された“フィグログ”です。

フィグはイチジク、ログは丸太。その名の通り、イチジクを中心としたドライフルーツをフードプロセッサーで切り混ぜし、丸太の形に成形したチーズのおとも。イタリアのマルケ州というイチジクの産地に伝わる保存食で、チーズと合わせるとワインの最高のつまみになるという一品です。パッと見はサラミに似ていますが、味わいはまるで別モノ。ドライフルーツの甘酸っぱさとナッツの香ばしさが絶妙のハーモニーを奏でます(美味しんぼ風)。

じつはフィグログには『美味しんぼ』で読んで以来、何度か挑戦したことがあって、適当に作ってもだいたい美味しく仕上がるのが、素人にはありがたいところ。さすがイタリア! しかもこのフィグログはレーズンが苦手な人でも、他のドライフルーツの味やナッツの香ばしさで食べ進められてしまうというオマケつき。ごく一部のマニアックなワイン好きと『美味しんぼ』読者以外には、「何これ!?」と驚かれるので、ダブル・トリプルの意味で「美味しい」メニューでもあるのです。さて、散々引っ張りましたが、今回のレシピに参りましょう。用意した素材はこちら。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2010年11月17日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら