review

それはフィクションの役目だ。映画「唐山大地震」公開延期に思うこと

それはフィクションの役目だ。映画「唐山大地震」公開延期に思うこと
「唐山大地震」は、ニュージーランド地震の災害復興を支援するとして、収益の一部を救援金として寄付するそうです。今回の東北関東大震災を支援しているわけではありませんが、こうした形で映画が災害復興の役に立つ側面もあるということは、知っておいてほしいものです。
2011年3月11日、午後2時46分。日本観測史上最大の地震が東日本を襲った。いくつもの町が失われ、多くの人々が命を落とした。行方不明者もたくさんいる。地震や津波の被害だけでなく、原子力発電所が破損したことで大規模な避難も行なわれている。亡くなった方々のご冥福を祈るのはもちろんのこと、いまだ行方のわからない人たちの所在が一刻も早く判明することを願ってやまない。わたしの親戚も福島県と茨城県に大勢住んでいるが、この原稿を書いている現在、まだ安否の確認はできていない。

テレビをつければ、どこのチャンネルでも緊急特番を組んでいる。数々の伝説を持つあのテレビ東京でさえ、通常放送を取りやめたことで、人々を驚かせている。

今回の災害の影響で、ここ数日に予定されていた様々なイベントが中止になった。中止の決定にはそれぞれの事情があるのだろうし、そうしたことで被災者が救われる場合も少なくないはずだ。ただ、いまは非常時だからすべての娯楽は自粛せよ、と強要するような意見には、どうしても違和感を覚える。

地震が発生したその日。東京・九段会館大ホールでは、夕方から「唐山大地震」の試写会が行われる予定だった。しかし、ニュースでも報道されたように、昼に開催されていた行事の最中に本物の地震が発生し、ホールの天井が落下、死者2名を出す惨事となってしまった。そのため、当日の試写会はもちろん、その後に予定されていた試写会もすべて中止になった。それは無理もない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年3月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース