bit

電気不要! 今ある“熱”を再利用する暖房シート

電気不要! 今ある“熱”を再利用する暖房シート
お風呂の残り湯から、熱を吸収中。
そろそろ、寒くなってきた。ちょっと、暖房を付けたくなることも……。だが、今年からは考え方を変えていくべきだろう。そんなに、無闇に電気を使わない。例えば、室内でアウターを羽織ってみたり。湯たんぽを利用するのも、いいかもしれない。

そして、コレがちょっといいのだ。潜熱蓄熱材を使用した製品開発に取り組んでいる「ネギシ」が、11月中旬より発売する『エネCATCH』。これは、様々な熱を吸収し、それを蓄える暖房アイテムである。
実はこの商品、窓辺の日差しやお風呂の残り湯から、余った熱を吸熱できるという。そして、その熱を体温に近い温度にして長時間キープしてくれるのだ。これを我々はひざ掛けにしたり、布団に敷いたりすればいい。要するに、既存の“熱”を再利用する蓄熱シートとお考えいただきたい。

このような暖房アイテムを開発したきっかけについて、同社に伺ってみた。
「以前、当社で病院に訪問した時でした。その際は、私どもの蓄電式あんかを病院に活用してもらおうと考えていたのですが、ちょうど計画停電が実施されていた時期でもあったんです。電気使用に対して、不安がある時期でした」(同社・根岸社長)
そしてその病院では、お風呂の残り湯を詰めた湯たんぽを使用していたそうだ。

これが、「ネギシ」の一つの契機となった。かねてより「お風呂のお湯のために、せっかく作りだした“熱”を再利用しないのはもったい無い」と考えていた同社が、新たな暖房アイテムの開発に着手するようになった。電気を使わず、お年寄りにも使い勝手の良い、暖房アイテムの開発である。

あわせて読みたい

  • 我が家の節電、効果はどのくらい?

    我が家の節電、効果はどのくらい?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年11月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース